このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第217回

見られたくないデータは死んでも隠し通したい! 古田雄介の「恥よ! 墓へ!」 第25回

Android端末は見られたくないデータをどこに隠すべきなのか

2017年07月03日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で6月18日に公開した「Android端末は見られたくないデータをどこに隠すべきなのか」を紹介します。


Androidは完全復旧が相当難しい

 「ロックがかかったAndroidとiOS端末、どっちが復旧しにくい?」

 そうデータ復旧業界の知人に聞くと、「断然iOS端末!」との答えが返ってきたものでした。ひと昔前までは。

 いま返ってくるのは「どっちも難易度マックスでイーブン」という答えです。墓視点でここ数年のAndroidを振り返ってみると大きな変化が2つあります。

 ひとつは2015年頃にあった「Google端末を探す(旧・Androidデバイスマネージャー)」の仕様変更。インターネットで同ツールにアクセスすると、自身のGoogleアカウントを入れた端末を遠隔操作して着信音を鳴らしたり初期化したりできますが、変更後は端末ごとのパスワードロックの解除もできなくなりました。

 もうひとつはハードウェア暗号化が標準化したこと。基本的に暗号化されたストレージは、パスワードを解除しない限り物理的にフラッシュを取り出して解析する手が使えません。端末ごとの暗号化は以前からみられましたが、2016年夏リリースの7.0以降はOSレベルで適用されて、力業が通用しなくなりました。

 この2つの変化により、ロックされたAndroid端末は、解除パスがわからない限り完全復旧の見込みが相当低くなりました。Googleアカウントへの自動バックアップ機能によって最小限のアカウント情報は拾えますが、写真や動画、アプリ依存のコンテンツなどはmicroSDカードや独自のバックアップツールで連携したPCといった外部ストレージに望みを託すしかないような状況になっているわけです。

 一方のiOS端末は、第7~8回で解説したとおり、以前からハードウェア暗号化が標準化しているうえ、microSDカードスロットがありません。しかし、ロック状態でもiTunesで完全バックアップがとれるため、パスコードがわからなくても、AppleIDとそのパスワードがあれば復旧できる見込みがあります。

 そうした違いを見比べた結果、「難易度マックスでイーブン」と評価されたわけです。

GoogleアカウントとmicroSDに細心の注意

 以上の特徴を踏まえると、Android端末に残したデータを墓まで持っていくのは以前より明らかに容易になったといえるでしょう。しかし、考えなしに保存するのは、やはりリスクにしかなりません。

 プレーンなAndroid端末の保存領域を解除キー別に整理してみましょう。

今週のポイント

Googleアカウント

iOSにおけるApple IDと比べると、鍵としての守備範囲はやや狭めとなるGoogleアカウント。だからこそ、コレを手なずけることが死後の恥対策の重要ポイントとなる。


 続きは「Android端末は見られたくないデータをどこに隠すべきなのか」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事