このページの本文へ

10コア/20スレッドの破壊力を見よ! ドスパラで「Core i9-7900X」をデモ中

2017年06月28日 23時01分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Skylake-Xこと10コア、20スレッド対応CPU「Core i9-7900X」のデモがドスパラ 秋葉原本店でスタートした。デモ機では各種ベンチマークが操作可能。気になる最新CPUの挙動を体験できる。

Skylake-Xこと10コア、20スレッド対応CPU「Core i9-7900X」のデモ。アキバでも初めての実動デモだ

 マザーボードの販売はスタートしたものの、いまだにCPUが発売されていないSkylake-X。デモ機では10コア、20スレッドに対応する「Core i9-7900X」(クロック3.3GHz/TB時4.3GHz/L3キャッシュ13.75MB/TDP140W)を、ASUS製のX299マザー「PRIME X299-A」に搭載。メモリは8GB×8の64GB、ビデオカードはGeForce GTX 1080 Tiを実装する豪華仕様だ。

最新CPUのパフォーマンスを体験したいという人は注目。なおCPUクーラーにはサイズ「虎鉄MarkII」を装着。FFベンチ実行中で約50度、「CINEBENCH R15」で約80度を計測していた

 デモ機では「CINEBENCH R15」や「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」といったベンチマークソフトが利用可能で、CPUの負荷や温度を確認できた。一足早く、最新CPUのパフォーマンスを体験したいという人は、同店を訪れてみるといいだろう。

10コア/20スレッドの破壊力は抜群。問題は価格だが、パフォーマンスが高いのは間違いない

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ