このページの本文へ

生活保護受給者が区民の4人に1人、大阪市西成区「受給日の朝」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

全国で群を抜く生活保護受給者を抱える大阪市西成区。月初の「支給日の朝」に区役所を訪れ、我先に現金を手にしようと役所になだれ込む受給者と、周辺でたむろするヤミ金や貧困ビジネス事業者たち、そして山積する問題を前になすすべを持たない行政関係者などに話を聞いてみた。(文・撮影/フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

生活保護支給日は
ヤミ金への返済日

「こら~。われ、何、写真撮っとるんじゃ~。商売の邪魔すな!どき晒せ!死ね!!」

我先にとエレベーターに駆け寄る受給者の中には、ヤミ金への返済を抱えている人も

 生活保護受給率全国1位の大阪市――そのなかでもいわゆる「あいりん地区」を擁する大阪市西成区は、生活保護受給世帯2万4516世帯、同受給者数2万6806人を抱える。実に1000人中240.3人が受給者(いずれも大阪市HPから)という、大阪市のなかでも群を抜く生活保護者数だ。

 その大阪市西成区役所では、毎月月初ともなれば区役所の周りをぐるり囲むような人だかりができる。この日は、生活保護受給者たちが「給料日」と呼ぶ生活保護費の支給日だ。

 銀行振込ではなく「手渡し」での支給を選択している受給者たちが、少しでも早く「給料(生活保護費)」を手にしようと、早朝から区役所にやってくる。

 区役所の業務開始と共に、受給者たちは我先にと受給会場となっている区役所4階を目指す。階段で駆け上る者もいれば、朝11時まで「(受給会場である4階まで)直通」運行されているエレベーターを目指し走る者もいる。

 エレベーターホールでは、首から職員証をぶら下げた市職員たちの「気をつけてください!4階まで行きます」という大声が響く。この一連の流れを「ゲート・イン」(大阪市職員)と呼ぶのだという。

区役所のすぐそばには路上駐車の列が。大胆にもヤミ金が借金の取り立てを行っているのだ。こうして保護費がヤミ金に流れていく

 かつては、このゲート・イン中の受給者を敷地外から撮影しても、誰も何も言うことはなかった。

 しかし今回は少し様子が違っていた。それが冒頭部の言葉だ。この言葉の主は、ひとしきり記者に怒声を浴びせると、区役所横に連なって路上駐車している車のなかへと消えた。

「お兄ちゃん、あれ、借金取りやな。トイチかトニでカネ貸す連中や」

 こう声をかけてくれたのは、今年69歳になるというマサトシさんだ。九州出身というマサトシさんは中学校を「自発的に卒業」した14歳の頃、大阪に出てきた。以来、西成のあいりん地区を拠点に建設作業員として働いてきたという。だが、3年前、怪我が重なり就労できなくなったことから生活保護を受給するようになったと、問わず語りに語ってくれた。

「保護受けてもな。ああいうのからカネ借りたらあかんわな。10日で1割、2割なんて。あっという間に元金よりも借金のほうが多なるで。ま、保護受けてる人にもいろんな価値観があるからな」

物価の安い西成では
生活保護で十分生きて行ける

 借金はないというマサトシさんのような「余裕のある受給者」は、朝9時から11時までの時間帯にゆっくり「給料(生活保護費)」を取りに来る。

 しかし切羽詰まった受給者はそうはいかない。早朝からゲート・インし、一刻も早く“給料”を受け取り、区役所に横付けされている車に向かって借金の返済を行う。そんな生活保護受給者の1人である50代男性に話を聞くことができた。

「ま、自分で汗水垂らして働いたカネではないし。日本は先進国家や。いざとなったら弱者は法で守られるゆうことやな。どうしようもなくなったら借金を踏み倒す方法もあるやろうよ。日本はええ国やで。ホンマに」

 こう語る50代男性は、一瞬黙ると、右手の人差し指と中指を揃えて自身の唇に当てタバコを吸うジェスチャーをする。タバコを無心しているのだろう。こんなこともあろうかと、あらかじめ用意しておいたタバコとライターを渡すと、実にうまそうな表情でそれを吸いながら、にっこり明るく笑いながら続けた話を聞かせてくれた。

生活保護支給日は“給料日”――ギャンブルや花街で散財してしまう受給者にも出会った

「今日は給料日やさかい、これからドヤ(木賃宿のこと。この場合は福祉アパートの意味)に帰って仲間と花札でもやって一杯飲んで…飛田(新地)にでも繰り出そうか思うてるんや!」

 悲壮感のようなものは微塵も感じられない。実際、区役所から一歩外に出た受給者たちの様子を見ていると、「オッス!」「後で、一杯やろか?」などと久しぶりに会う受給者仲間同士が明るく声を掛けあう光景を目にすることができる。そんな声掛けの輪のなかにいた1人、ショウタさん(39)は言う。

「ぶっちゃけ就活なんてする気ないですわ。そら保護受けたら楽やもん。毎月約9万円くらいかな?家賃も出るし。西成は物価も安いから十分暮らしていけるねん。下手に節約して貯蓄なんかしたら保護受けられへん。だから毎月使い切るんですわ」

物価の安さは折り紙付き。西成には、受給者たちが生きて行ける環境が整っている

 どうやら就労する気はさらさらなさそうだ。

 さて、記者が受給者たちと区役所の敷地外で話を聞いている際も、区役所横に停まっている車のなかでは生活保護費の入った封筒を封切りせずそのまま受け取る男性や、封切りし保護費を数え、電卓で何やら計算の後、保護費をいくらか抜き取り、それを受給者と思しき人に手渡す様子が窺える。

ヤミ金だけではない!
受給者に群がる黒い業者たち

 これらを見ているとそのすべてが“借金取り”という雰囲気でもなさそうだ。いったい彼らは何者なのか。記者が疑問に思ってじっとその様子を見ていると60歳代と思しき男性が近づいてきて、こっそり教えてくれた。

「あれはホームレスを“保護(生活保護受給者のこと)”に仕立てて、そいつらから受給費の一部を“世話料”として取っとるとちゃうかな?まあ、関わらんほうが身のためや思うで」

 続けて彼は、区役所における保護費手渡しという制度上の“穴”について次のように語った。

「区役所4階もな…。名前と生年月日だけ言えば受給費渡しよるもん。大勢の人間が保護費もらいに来るやろ?せやから職員かてホンマに受給者本人かどうかわからんと思うで。なかには他人が受給費もろうてるゆうこともあるんとちゃうやろか?“貧困ビジネス”ちゅうもんが成り立つわけよ」

 生活保護費支給日に大阪市西成区役所に横付けされる車は、トイチ、トニのヤミ金融や貧困ビジネス業者と思われるそれだけではない。何人かの受給者と思しき人たちを乗せてどこかへ行く車もあった。この車はいったい何なのだろうか。

「手配師と仕事に行く“保護”の人たちやないかな。全額保護もらえばええのにな」

 保護費を受け取り、西成区役所の敷地を一歩外に出た路上で座り込んでタバコを吸っていた50代という受給者男性はこう語る。

 なお、これら区役所に横付けされる車やその周辺にたむろする人たちに、「あなたたちはどういう目的でここにいるのか?」と記者が問うと、彼らは無言を貫くか、「おんどりゃ~、シバキまわすぞ!」と凄みはするものの、ついぞ彼らから明確な回答を得ることはなかった。

ブラック業者の跋扈に
打つ手を持たない行政

 はたしてこうした実態を大阪市西成区役所は把握しているのだろうか。

「敷地外に、(ヤミ金融業者や貧困ビジネス業者、手配師などの)それらしい人がいるようですが、こちらから『お宅そうですか?』と聞くわけにもいかない」(大阪市西成区役所生活保護担当)

 明言を避けたものの、生活保護受給者を取り巻くこれらの存在を把握していることを暗に認めた格好だ。

あいりん地区には、生活保護受給者をターゲットにした宿も多数ある

 そして、「生活保護受給費は満額受け取ればいいというものではなく、就労して“生活に足りない分”だけ生活保護受給することも可能」(前出・同)とし、生活保護費支給日に手配師と思われる者が生活保護受給者をどこか就労現場に連れていくことは、それをもって即、違法とは言えないとの見解を示した。

 では、受給者本人以外の者が保護費を受け取ることは可能なのか。

 これについて大阪市関係者のひとりは、「受給者は大勢いるが、職員は受給者本人の顔をきちんと覚えている。だから、受給者以外の他人が生活保護費を受給することなどとてもできないし、チェックは厳格に行っている」と明確に否定したものの、どこか一抹の不安が残る話だ。

 またヤミ金融業者による生活保護受給者への貸付について、前出・大阪市関係者は、現在、生活保護を受けている市民に向けて、「違法業者からの借り入れならば返済の必要がないものもあるだろう。してしまったものは仕方がない。まずは正直に役所に話してほしい」と呼びかける。そして、次のように語った。

「ヤミ金融業者による貸付は警察マター。本来は、警察にもっと頑張ってもらわなければならないのだが…」

 ヤミ金などのブラックな業者が、支給日の朝に区役所の周りで堂々と“商売”をしている現状がある以上、大阪市生活保護行政の見解や取り組みには異論や批判もあろう。真摯に行政が生活保護受給者の生活の立て直しに取り組んでいるのも、また事実なのだが、十分な効果を上げるにはほど遠い状況だ。

 実は、西成あいりん地区では生活保護受給者の“地位”は決して高くない。「やっぱり歯を食いしばって自活せなあかんのや。この歳でも“保護”受けんと、俺は路上生活で頑張ってんで!」(70歳代のホームレス・日雇い労働者)。

 社会の、いわば「底辺」に置かれてなお、自活するというのは相当な茨の道だ。たとえホームレスでボロボロであろうとも“保護”を受けずに生きている人は、あいりん地区では、どこか尊敬のまなざしで見られるのだという。一方、やせ我慢をやめて“保護”を受け、身を持ち崩さずに暮らしていく人もいれば、保護費を受け取って1時間も経たぬうちに路上でたむろしてタバコを吹かし、花札に興じながら、酒を煽り、近隣の飛田新地へと急ぐ者もいる。

 ヤミ金や貧困ビジネス業者のバックには当然、暴力団がいることだろう。そして、彼らの存在を感じながらも、有効な手だてを打てずにいる行政関係者たち――。生活保護受給日の朝の西成区役所では、「貧困」が引き起こすあらゆる問題が、一堂に会しているかのような光景を目にすることができた。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ