このページの本文へ

速いけど疲れない。街乗りもできるスポーツセダンのような使い勝手

性能と快適さを高レベルで両立したゲーミングチェア「X Comfort」

2017年06月23日 11時00分更新

文● 千駄木和弘(https://twitter.com/S_N_D_G) 編集●北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

普段使いでも快適性能をいかんなく発揮
寝られるゲーミングチェア!

 ゲーミング向けデバイスはゲーム用途に特化しているものの「ゲーム専用」ではない。むしろ、ゲーミング向けデバイスは高性能なので、せっかく買ったら普段使いにも積極的に使っていきたい製品が多い。ゲーミングチェアもまた然りだ。ゲーム用途以外、普段使いの椅子としてのくつろぎ度を見てみよう。

 リクライニングは160度、体感的にほぼフルフラットになるまで倒しこめるので、座ったまま寝られる。クルマや電車、飛行機で移動する人なら理解しやすいと思うが、リクライニング角度は快適さに直結する機能だ。

フルリクライニングするとほぼ平らになる。これで足置きがあればもうベットすら不要になるのでは? と思えるほどだ

 ランバーサポートが容易に取り外せて凹凸がないフラットな座面なので、仰向けでまっすぐ寝るも良し、涅槃仏スタイルで横向き寝るも良しの、フリースタイル感覚で寝れるいい。また、フレームが強固なので、寝返りをうっても座面がぐらついたりフニャフニャしないので、寝る姿勢を変化をさせても不安を感じさせなかった。

体感的にほぼフルフラットに感じるくらいに倒しこめるので、座ったまま寝られる

横向きに寝ても余裕の安定感。背もたれと座面がゆったりしているので寝返りをうつのもラク

個人的にはテレビを見たりするならこのスタイルがベスト

 リクライニングを最大まで倒した状態でロッキング機能もフリーにすると、足の先が水平よりも上にあがった態勢になるまで倒しこめる。気分はシットアップベンチ(腹筋を鍛えるベンチ)な状態だ。この姿勢ができるのは安定感が高い証明でもある。

 安定感が悪いゲーミングチェア製品で同じようなリクライニング最大にすると、バランスが崩れて後ろにゴロンと転倒してしまうのだ。

フルリクライニング+ロッキングフリーで全力で倒すと、足が上がるほど傾けられる。こんな状態でも安定感があり転倒しない

フルリクライニングにしても転倒しないのは、独自の「Zサポートマルチファンクション」を採用しているから。このZ型の台座が安定感を高めている

同じ価格帯の他社製チェアはT字型。これだとフルリクライニング時にふんぞりかえって転倒してしまう

 座面サポート部の盛り上がりが激しくないため、あぐら姿勢をしてもサポート部が邪魔にならない。オフィスでそんな座り方はしないけど、家の中ならあぐら姿勢で座ったほうがくつろげる場面も多いはずだ。

椅子あぐらスタイル、皆もやるよね? サポート部の盛り上がりが穏やかなので大腿部が窮屈にならない

他社製の座面。盛り上がったサポート部は包み込んでホールドするため安定感は抜群だが、あぐらをかくには向かない

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中