このページの本文へ

サイズのCPUクーラー「虎徹Mark II」が予定どおりに販売開始

2017年06月01日 23時45分更新

文● 藤田忠 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 手ごろな価格と高い冷却性能、扱いやすい全高などで人気だったサイズのオリジナルデザインCPUクーラー「虎徹」の後継モデルとなる「虎徹Mark II」(型番:SCKTT-2000)が各ショップに入荷。予定どおりに販売がスタートしている。

 ひと足先に展示されていたサンプルを紹介した記事のとおりに、ニッケルメッキ処理済みの銅製受熱ベースや6mm径×4本のヒートパイプを採用。新設計のスプリングスクリュー仕様「ブリッジ式リテンション」を採用し、Socket AM4にも対応している。

「虎徹Mark II」。価格は4300円前後

 簡単な取り付け方法やケースを選ばない154mmの全高、4300円前後の手ごろな価格などで、新たな定番CPUクーラーとして推すスタッフも多い。

 価格は3980円(税抜)。ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、パソコンショップ アーク、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で販売中だ。

取り付けがより簡単になった新型リテンションやSocket AM4への対応。154mmの全高、背の高いメモリーとの干渉を避けるオフセットデザインを採用する


【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中