このページの本文へ

あなたの娘は何を考えているのか「女子中高生ぶっちゃけ座談会」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人物紹介
なつみ=東京都の公立中学2年生
あい=神奈川県の私立中学3年生
えり=神奈川県の私立中学3年生
みほ=東京都の公立高校1年生
れい=東京都の公立高校3年生
まりな=東京都の私立高校3年生 
*名前はすべて仮名です 

──みんな学校生活はどうですか? 楽しいですか? 今はやってることって何ですか?

なつみ はやってること? えー、ギャグ言うこと(笑)。あと、プリ撮ることと、ツイッターかな。学校生活は普通。あ、普通に楽しいって意味ですよ!

あい うちら(隣のえりを指して)は学校つまんないです、クラスで気が合う子全然いなくて。女子校で、髪とか染めてるのうちらだけなんですよね。みんな超真面目で。一応進学校だからなんだけど、完全うちら浮いてるよね?

えり うん。別にみんなとは仲悪くはないんだけど、みんな話つまんないから特に話さない。

みほ だけど、みんなブログだけはお互い絶対チェックしてるみたいな?(笑)

あい・えり そー! アメブロ(アメーバブログ)だけで話したことある子とかいます(笑)。

──ブログはみんなやってるの?この中でブログやってる人は?

一同 (全員挙手)

れい わぁ~みんなやってんじゃーん! ねぇ、絶対れいのアメンバー(ブログ閲覧を承認する相手)なってね! アカウント名はそのまま本名でやってるから。ツイッターとかもフォロワー超増やしたいんだよね。

みほ ブログは今、誰でもやってる。最近はミクシィとツイッター使い分けるよねー。いろいろあるけど、ミクシィは知り合い同士で、ツイッターは知らない人もリクエストオッケーしちゃう。書く内容はそれに合わせればいいしね。フェイスブックもやってるよ。

まりな でもさぁ、ブログで絶対悪口とか書く子いるよね。うちの学校で問題になったもん、あいつ死ねとか書いた子いて。ネット上だけど、女子同士だし結構怖いよ。

──お父さんとはどう? 仲はいい?

えり うちは全然話さない。あっちも忙しそうだし。

みほ うちのパパは酔っぱらってるときだけ話してくるからウザい。しかも急に部屋入ってきて、あたしおなかいっぱいなのにあんパンとか食べさせようとする(笑)。

──じゃあどっちかっていうと嫌いなのかな?

みほ でも、みほは好き。なんでも買ってくれるから。

なつみ 私も別に普通。っていうかうちは結構怖い。あんまり面白いって感じじゃない。やっぱ心配してるんだと思う、うちのこと。

──なるほどね。じゃあみんなお母さんのほうが仲いいの?

あい ママのほうがもっと怖い! ケータイとかで何時に帰ってくるのとかうるさいし。それよりは、パパのほうが口挟まないからまだまし。

──お父さんとは、どんなことを話したりするの?

なつみ ご飯のときにニュース一緒に見るから、そのこととか。でも、ニュースに出てくる今の政治家とか、だらしなくて頼りないわ。あの人たちに将来、任せらんないよね。日本どうなっちゃうんだろとか思うもん。

れい 日本はこれからやばいでしょ、なんだかんだ。地震とか起きちゃったし。だからみんなで海外逃亡しよー!とか、冗談だけど話してる(笑)。

──そういう話はいつしてるの?

あい 放課後かな。うちら帰宅部は、いつもセンターのバーキン前行けば誰かしらいるって感じで。

──センターのバーキン前!?

えり 渋谷センター街のバーガーキングの前です。そこが、いろんな男子校とか女子校とか他校の子同士が集まるとこで、みんなそこで知り合ってカラオケとか行って遊んでます。あと池袋もいろんな学校の子に会える。

エッチした日はたぶんバレてる
あたし、超怪しいもん!

──将来の夢とかみんなあるの?

れい あたしは奥さんになりた~い。旦那さんとか待ってたい。

──そうなんだ。じゃあうまくいけば今の彼氏と?

れい それはない! 今の彼氏は、1年3ヵ月とか付き合ってて結構長いほうなんだけど、でも結婚はない。結婚ってなったらやっぱ経済力ほしいじゃん。

──今の彼氏はだめそうなの?

れい や、まだ大学生だからよくわかんないけど、なんとなく。でも強制とか、彼のこと束縛とかしたくないし。

みほ あたしもー。束縛はするのもされるのも無理! 男はそれわかってないとだめだよね。あと、エッチのムードづくり!

れい そうだよね。でも、もう最近は、男の家に呼ばれたら、遊ぼうって言われたとしても、そういうことなんだなって覚悟して行くことにしてる。ゴムも自分で持って行くし。結局家行っちゃったら、自分の責任になるし、何回か経験するうちにだんだんわかってきた。

まりな 私は男子校の文化祭で知り合った彼氏と1年半付き合ってるんだけど、エッチはまだしてません。母親から「結婚するまでは純潔を守りなさい!」って言われてて(笑)。でもクラスでは、みんなと下ネタの話とか超してる。やっぱ他校の先輩とかと付き合ってる人は初体験早いですね。

みほ 私は初体験中1のときでした。でも周りはみんな中3くらいかな。学校では図書館とか、地下のロッカールームでヤッちゃってるカップルもいて、それはさすがにえーって感じ。

──学校では性のことは勉強するんだよね?

まりな うちは教科書読んで終わりでした。テストに出るからマーカー引いたり勉強したけど。

みほ うちは保健の時間に「コンドーム先生」って人がクラスに来て、木の棒でコンドームの使い方実演してくれて超面白かったよ~! 担任の先生にも、「先生は初体験いつだった?」とか聞いてみんな超盛り上がってた。

れい でもエッチした日はお母さんにはバレてるよね、たぶん。あたし、超キスマーク付けられるから家ん中でマフラー巻いてて超怪しいもん!

まりな うちは、私に彼氏いることは母親は知ってますが、父親には秘密です。1回家帰るのが夜11時になってすごく心配されて、それ以来門限が9時になってるし、父親は心配性だから言えない。

──座談会はまだまだ盛り上がりますが、この続きは本誌で。


父親にとっては近くて遠い
思春期を過ぎた娘の「頭の中」

 幼い頃は「パパ、パパ」とまとわりついてきた娘は、10代に入ったあたりから次第に父親と距離を置くようになります。そればかりか、「臭い」だの「うざい」だのと毛嫌いされることもあります。

 思春期の娘というのはそういうものだと言ってしまえばそれまでですが、それでいて父親にとっては、この年頃の娘が最も心配なのです。好きにしろと放り出すには、この世の中は危険が多すぎます。

 父親は娘のことをもっと知っておきたいのに、残念ながら思春期の娘と父親というのは、価値観がおそろしく違い、人生の中でも最も共通の話題が少ない時期でしょう。男親からみると、この時期の娘は、最も意味のないものに夢中になってるように見えます。話題の接点がないから、どうしても会話が減る。その結果、娘のことがよくわからなくなってくるわけです。

 娘が日頃、何を考え、どんな日常を過ごしているのか。親として知っておきたいことはそれだけではありません。「われわれ大人が残したこのどうしようもない日本の状況を、子ども世代はどう見ているのか」ということも、実は父親世代が内心、気に病んでいる問題です。

 さらに、父親ではなく1人のビジネスマンとしての視点に立ってみても、流行の発信地であるティーンズの生活実態は気になるところです。女子中高生は世相を移す鏡であり、未来の消費を担う柱です。

 『週刊ダイヤモンド』3月24日号の特集は、「あなたの娘は何を考えているのか?」

 パート1では、女子中高生と父親世代に実施したアンケート結果から、お互いがどのくらいギャップがあるかを浮き彫りにし、彼女たちの実像に迫ります。親にとっては心配な「性」の実態についても迫りました。

 パート2では、脳科学の分野から、思春期の女の子の脳では何が起こっているのかを解説しました。また、父親としてどう接すればいいのか、思春期娘との関係をこじらせないための処方箋を提示します。

 パート3では、ティーンズ市場の最前線を追いました。ティーンズ達の“コミュニケーション三種の神器”と呼ばれる「プリ機」の最新機能など、話題満載です。

 近くて遠い、知りたくてもなかなか本音が探れない、そんな「娘たちの頭の中」を解明していきます。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 深澤 献)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ