このページの本文へ

OBD2対応の本格派! 上海問屋の新型ヘッドアップディスプレー

2017年04月27日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋の車載用ヘッドアップディスプレー第3弾となる「車載OBD2接続ヘッドアップディスプレイ」(型番:DN-914811)の販売がスタートした。価格は5555円(税抜)。ドスパラ秋葉原本店で販売中だ。

上海問屋の車載用ヘッドアップディスプレーとしては早くも3製品目。「車載OBD2接続ヘッドアップディスプレイ」が店頭に

 「車載OBD2接続ヘッドアップディスプレイ」は、OBD2接続に対応した本格仕様のヘッドアップディスプレー。本体と5.5型の大型反射板が一体式で、スピードメーター等の走行データをカッコよく表示。昼夜問わずに利用できるが、特に夜は車内のドレスアップアイテムとしても活躍してくれる。

展示機を確認したが5.5型の大型反射板には綺麗に映り込んでいる。これなら昼夜問わずに利用できそうだ

 表示可能データは車種にもよるが、エンジン回転数、スピードメーター、電圧、単一走行距離、単一走行時間、水温、燃費、単発走行距離など。対応可能車種はOBD2端子を備える12V車で、自分で取り付ける必要がある。

表示可能データも豊富。とくに夜間走行の際には活躍してくれるだろう

 サイズは、本体が132(W)×12(D)×76(H)mm、反射板が126(W)×2(D)×102(H)mm、重量約137g。英語マニュアル、滑り止めラバーマット、OBD2ケーブル、反射フィルムが付属する。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン