このページの本文へ

タテ型本体でビキニゾーンや臀部をラクラク処理できる

下半身が処理しやすいパナソニックのボディートリマー「ER-GK60」5月1日発売

2017年04月08日 13時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは5月1日、毛の流れに逆らうようになで剃りできるボディートリマー「ER-GK60」を発売する。予想実売価格は税抜9000円前後。ワイドでラウンド形状の刃と握りやすい本体形状で肌に食い込みにくく、刃を外さずに水洗い可能。同梱の3種のアタッチメントで好みの剃り高さに調整してカットできる。

パナソニックのボディートリマー「ER-GK60」

3種類のアタッチメントで処理する長さを2/3/6mmと変えられる

 タテに刃を配置することで股間や臀部などを処理しやすいように設計されている。固定刃の厚さは0.1mmで、手足のほかVゾーン、Iゾーン、Oゾーンなどいわゆるデリケートな部分は肌ガードアタッチメント(2mm)と3/6mmの長さそろえアタッチメントを装着して処理可能だ。

固定刃の先端は尖っていないワイド&ラウンド形状で肌あたりが優しく、0.1mmの短さで剃ることができる

タテ型に刃を配置することでさまざまな方向でグルーミングできる

 発表会にはファッションスタイリストの櫻井 賢之さんが登壇。ER-GK60に関して「自分は元々グルーミングしているが、実際に使ってみると目から鱗だった。市販のシェーバーでは肌の柔らかい部分への当たりが気になっていたのだが、これが解消された」とコメント。また、男性のグルーミングに関して「グルーミングすることで肌を露出する服も着られるようになり、自分の意識が変わってくる」とメリットを語った。

発表会にはファッションスタイリストの櫻井 賢之さんが登壇

カツラを使ってのグルーミング体験も実施

「ER-GK60」の主なスペック
ステンレス刃物鋼
電源 8時間充電式
使用時間 連続約40分
バッテリー 1100mAh
水洗い
サイズ/重量 33×47×192mm/約140g
発売日 5月1日
予想実売価格 9000円前後(税抜)

男性のグルーミング意識の変化

 5月1日にはカミソリシェーバー「ラムダッシュ」シリーズ3機種も発売。「ES-ST8P」(予想実売価格税抜1万9000円前後)は肌に当てて動かした際に回転するスムースローラーが波形に進化。このほか、ES-ST6P(1万5000円前後)とES-ST2P(1万2000円前後)はヘッド部内にクリアコーティングが施されている。

新型「ラムダッシュ」シリーズも5月1日発売予定


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン