このページの本文へ

4KやVRなどの大容量で高品質な動画配信ニーズを受けて

法人向け動画配信サービス「SmartSTREAM」が提供料金を改定

2017年03月31日 13時05分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エヌ・ティ・ティ・スマートコネクトは4月1日から、動画配信サービス「SmartSTREAM(スマートストリーム)」をリニューアルする。

 SmartSTREAMは、法人用途で大規模配信が可能な動画配信サービスだ。4KやVRなどの大容量で高品質な動画配信ニーズを受けてのリニューアルとなる。動画視聴時のアクセス集中に対応できるように配信設備を強化し、サービス/プランの料金を改訂する。

 ストリーミング配信プランでは従来の定額制の料金体系にくわえて「従量タイプ」を新設。ライブ配信サービスでは、利用用途に合わせたプランに見直す。また、現在提供中の以下のプランは3月31日で新規販売を終了する。

  • Flashオンデマンド配信サービス
  • Windows Mediaオンデマンド配信サービス
  • モバイルオンデマンド配信サービス
  • 常設ライブ配信サービス(タイプ1/タイプ2)
  • マルチデバイスライブ中継サービス

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ