このページの本文へ

自動車事故の対応もAIを使って自動見積り

三井住友海上火災保険、ディープラーニングに適したクラウド環境を構築

2017年03月29日 18時28分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
さくらの専用サーバ 高火力シリーズ

 三井住友海上火災保険とさくらインターネットは3月29日、ディープラーニングによる人工知能の学習に適したクラウド環境を共同で構築したと発表した。

 三井住友海上では保有するビッグデータを活用したAI開発を進め、今後も多様化する顧客ニーズに応える商品やサービスの開発しているという。例えば、自動車保険においては損害車両画像から修理費を見積もる自動プログラムを開発を進めており、このような用途にはディープラーニングに適した専用環境が必要となる。

 今回、さくらインターネットが提供する「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」を採用。 高火力シリーズではGPUをクラウドに搭載することでデータ解析を高速化しており、ディープラーニングに向けたシステム開発が可能となる。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!