このページの本文へ

2017年度中に無償アプリによる実証実験を開始、スマホやIoT機器にも拡大

攻殻機動隊の「タチコマ」がサイバー攻撃からPCを護ってくれる

2017年03月27日 17時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI総合研究所は3月27日、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の委託研究「Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発(WarpDrive)」を本格始動し、2017年度中に攻殻機動隊 REALIZE PROJECTと連携してウェブ媒介型攻撃対策用「タチコマ・セキュリティ・エージェント」を配布すると発表した。

 WarpDriveプロジェクトではPC用のウェブ媒介型攻撃対策用ソフト「タチコマ・セキュリティ・エージェント(タチコマSA)」を2017年度中に無償配布して実証実験を開始する。タチコマSAは攻撃を検知して防壁展開(悪性ウェブサイトへのアクセスをブロック)し、PCに警告やアドバイスを行なう。大規模に分散したタチコマSAは並列化(情報集約・横断分析・新機能展開など)を繰り返し、最新のサイバー攻撃に対象できるように成長する。

 2017年秋に実証実験モニター募集を開始し、WarpDriveプロジェクトは2020年をめどにタチコマSAの保護対象をスマホやIoT機器にも拡大する予定。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン