このページの本文へ

CDMA2000対応でau SIMが使えるように

3キャリア対応のDSDSスマホ「g07+」1万9800円で3月27日発売

2017年03月27日 16時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTレゾナントは3月27日から、新たにau SIMに対応することで3キャリアすべてでDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)機能が活用できるSIMフリースマホ「g07+(グーマルナナプラス)」の「OCN モバイル ONE」とのセット販売を開始した。価格は税抜1万9800円。あわせて、前モデル「g07」はgooSimsellerでSIMカードとセットで2000円引きの1万7800円で販売される。

3月27日発売の“gooのスマホ”「g07+」。価格は税抜1万9800円

 g07+は新たにCDMA2000に対応することでau SIMが利用できるようになった。これにより、ドコモとau、ソフトバンクの3キャリアのSIMすべてでDSDS機能を活用可能。ただし、au VoLTEとauの4G LTEデータ通信には非対応。フルHD解像度の5.5型液晶にはIGZO液晶パネルとDragontrail強化ガラスを採用し、タッチパネル精度も向上している。

g07(左)との比較。g07+(右)はシャープのIGZO液晶を搭載

g07(左)との比較。g07+(右)はIRカットフィルターを搭載する

 1300万画素のメインカメラは新たにIRカットフィルターが追加され、より自然な撮影効果を実現。g07より精度の高いEコンパスを搭載する。

  g07+ g07
ディスプレー 5.5型IGZO液晶 5.5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約75.6×152×7.9mm
重量 約150g
CPU MediaTek MT6750T
1.5GHz+1GHz(オクタコア)
メモリー 3GB
ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
カメラ 1300万画素/イン800万画素
対応ネットワーク LTE:1/3/8/19/
W-CDMA:1/6/8
CDMA2000:BC0/BC6
4バンドGSM
LTE:1/3/8/19
W-CDMA:1/6/8
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz)
Bluetooth 4.1
バッテリー容量 3000mAh
OS Android 6.0
(Android 7.0アップデート対応保証)
SIM形状 microSIM+nanoSIM(DSDS対応)
防水/防塵 ×/×
指紋センサー
カラバリ ホワイト、ブラック
価格(税抜) 1万9800円 1万7800円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン