このページの本文へ

CFD販売「CSSD-M2O256PG1VN」、「CSSD-M2O512PG1VN」

2500MB/secのNVMe SSDがCFDから発売

2017年03月25日 23時51分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 意外にもCFD初となるのNVMe M.2対応SSDの販売が今日25日からスタートした。「CFD M2OPG1VN」シリーズの容量256GB「CSSD-M2O256PG1VN」と512GB「CSSD-M2O512PG1VN」の2モデルが登場している。

CFD初のNVMe M.2対応SSD「CFD M2OPG1VN」シリーズ

 「CFD M2OPG1VN」シリーズは、SMI製コントローラーと3D NANDフラッシュを採用したNVMe M.2対応SSD。基本スペックは512GBモデルで、シーケンシャルリード2500MB/sec、同ライト1100MB/sec、ランダムリード14万IOPS、同ライト14万IOPS。256GBモデルでシーケンシャルリード2000MB/sec、同ライト1100MB/sec、ランダムリード9万6000IOPS、同ライト9万7000IOPS。製品保証は3年間。

SMI製コントローラーと3D NANDフラッシュを採用。M.2対応のヒートシンクと合わせて購入するのもアリだ

 価格は256GB「CSSD-M2O256PG1VN」が2万1600円、512GB「CSSD-M2O512PG1VN」が3万8880円。ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中