このページの本文へ

世界のカード会社が認定した「クレジットカード情報を安全に扱う基準」

さくらインターネット、強固なセキュリティ基準をクリア

2017年03月22日 18時27分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
さくらインターネット(石狩データセンター)

 さくらインターネットは3月22日、同社のデータセンターがクレジットカードを扱うセキュリティ基準「PCI DSS」Ver.3.2の基準をクリアしたと発表した。

 PCI DSSは国際クレジットカードブランド5社が制定したセキュリティ基準で、クレジットカード情報を安全に取り扱いできるかどうかを定めている。今回、基準をクリアしたのは「要件9」および「要件12」と呼ばれる基準で、物理的なセキュリティに関する基準。さくらインターネットは東京、大阪、北海道石狩の5拠点でデータセンターを運用しているが、データセンターすべてが基準を満たしていると認められたという。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!