このページの本文へ

Twitterがファーストビューの効果における調査結果公表

2017年03月06日 19時21分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Twitter Japanは3月5日、広告主がTwitterのタイムラインのトップに24時間、動画広告を表示できる広告「ファーストビュー」の1周年を迎えた。

 同社はファーストビューの効果についての調査記録をブログで公開。通常の動画広告に比べ、ファーストビューを利用した動画は、ユーザーの反応率が高くなり、好意的な共感や購買意向、認知形成の向上に繋がるという結果となった。

 ファーストビューは平均で、想起率を141%、キャンペーン認知を58%、メッセージとの関連性を29%、ブランド認知を18%、そして購買意向を13%上昇させるという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ