このページの本文へ

編集作業に適した東プレのキーボード「RealForce108UH-S」も付属

映像編集ソフト「EDIUS Pro 8」付属のクリエイターPC「raytrek-V for EDIUS LC」

2017年02月17日 17時09分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは2月17日、パソコンブランド「raytrek」から映像編集ソフト「EDIUS Pro 8」をプリインストールした専用パソコン「raytrek-V for EDIUS LC」「raytrek-V for EDIUS LK」を発売した。

 国内で多くのシェアを持つ映像編集ソフト「EDIUS Pro 8」をプリインストールしており、購入後にID登録するだけで利用可能だ。さらに、静電容量無接点方式による高耐久で編集作業に適した東プレのキーボード「RealForce108UH-S」を付属している。オプションでEDIUSキーボードも選択可能だ。そのほかにもブラックマジックデザイン製キャプチャーカードや、業務用から民生品までのさまざまなカメラ用インターフェースを今後追加予定。

raytrek-V for EDIUS LC
Core i7-6700K(4GHz)、16GBメモリー、Quadro K620 2GB、3TB HDD+1TB SSD、Windows 10 Pro 64bit、33万4778円
raytrek-V for EDIUS LK
Core i7-6700(3.4GHz)、16GBメモリー、インテル HDグラフィックス530(CPU内蔵)、2TB HDD+1TB SSD、Windows 10 Pro 64bit、29万6978円

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ