このページの本文へ

名古屋はモーニング、広島は路面電車をモチーフに

ゼンリン、地図ステーショナリー「mati mati」に名古屋と広島が登場

2017年02月10日 18時43分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「mati mati(マチマチ)」

 ゼンリンは2月10日、地図ステーショナリー「mati mati(マチマチ)」の商品ラインナップに新たに「名古屋」と「広島」を追加し、発売した。

 mati matiはゼンリンが長らく蓄積してきた地図データをコンセプトデザイン・グラフィックとして活用した文具。これまで東京(丸の内、表参道、吉祥寺)や福岡天神、京都、梅田、神戸、仙台、札幌が販売されている。

名古屋と広島のテーマ(上)、商品ラインナップ

 商品はクリアファイル(410円)やテープ(464円)、ノートパッド(410円)、付箋(518円)。名古屋ではテーマを「モーニング」として名古屋独自のモーニングを提供してる喫茶店の場所を地図上にプロット、広島はテーマを「路面電車」として、地元球団カラーおよびもみじをイメージしたカラーリングを採用している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン