このページの本文へ

ビジョナリーパーソンが集い、人間の力を拡張するテクノロジーとの共栄社会を考える

event

2017年02月09日 04時50分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

人間の力を拡張するテクノロジーは今まさに社会に実装されようとしており、私達はそれらに対する向き合い方を考える必要に迫られている。

映画や小説、漫画といった創作の世界では、さまざまな作品で、人間とテクノロジーの関係性について二つの相反する感情が表現されてきた。一つは、自らの手で創り出す「知性を持つ機械」が、人間に対して反旗を翻すのではないかという恐れの感情。一つは、それらの知性は私たち人間の味方であり、共に生きる友人ですらあると思う感情だ。

かつて夢想はしても、実現するとは考えられなかった「知性を持つ機械」が社会に実装されようとしている今、人間はそれらのテクノロジーに対してどちらの感情を持って接するのだろう。恐れの感情から可能性を封じ込めようとするのか、それともテクノロジーに、時に協力を仰ぎ、手を携えて生きるのか。

3月6日開催の「MITテクノロジーレビュー × LEXUS Visionary Conference」は、科学技術と人間の両面から未来の社会やライフスタイルの形を見据えるビジョナリーパーソンが一堂に会し、テクノロジーと人間が、いかに共栄していくかを考えるイベントだ。

2015年のホバーボード「Slide」の制作、今年1月に発表したばかりのフラッグシップモデルである新型LS等、マーケティングからプロダクトに至るまで“創造的な先進技術”を大切にするLEXUSと共同で開催する。

カンファレンスは二部構成となっている。第一部は、IoTに続く概念としてIoA(Internet of Ability)を提唱する、ヒューマンインターフェース研究の世界的権威である暦本純一氏と、「分人主義」を唱え、社会や人間の在り方を独自の切り口で表現してきた芥川賞作家の平野啓一郎氏の対談だ。モデレーターはMITテクノロジーレビューの中野克平が務める。

第二部は、ビジネス、デザイン、創作などさまざまな領域において、人工知能、ロボティクスといった最先端テクノロジーの社会への実装を試みるキーマンたちによるパネルディスカッションを行う。

モデレーターとして中野克平に加え、イベントの共催社であるLexus International のプロジェクトゼネラルマネージャー沖野和雄氏を迎える。パネリストとしては、音楽・アート創作の過程にアルゴリズムを介在させる表現を実践し、AI DJイベント「2045」などの取り組みを行うQosmo社の徳井直生氏、様々な大企業で導入が進んでいる、人間と協働できるピッキング用ロボット「CORO」を開発するライフロボティクス社CEO&CTOの尹祐根(ゆん うぐん)氏らが登壇予定だ。

ディスカッションを通じて各社各様の取り組みを紹介しながら、「人間の力を拡張するテクノロジー」とは具体的にどのようなものかを提示し、テクノロジーと人間が共栄する社会やライフスタイルのイメージをクリアにしていくことになる。

ビジョナリーパーソンたちが見据える、ビジネス、ライフスタイル、そして社会の未来像を見てみたい人は、この機を逃す手はない。

  • 日時:2017年3月6日(月)17:00~19:50(16:30受付開始)
  • 会場:東京大学 情報学環・福武ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
  • 参加費:3,000円
  • 定員:150名
  • お問い合わせ:eventsreg@technologyreview.jp
  • 特設サイト:https://events.technologyreview.jp/

転載元(MIT Technology Review)の記事へ

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く