このページの本文へ

教育現場でのChromebook利用の増加を受けて

アドビ、Chromebook向けに「Photoshop Mix」などのアプリを無償提供予定

2017年02月03日 14時30分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アドビは2月2日、教育向けテクノロジーの展示会「Bett 2017」にてChromebookの対象機種向けに最適化されたAndroid版Creative Cloudアプリの提供を数週間以内に開始することを発表した。ダウンロードは無料。

 Chromebookの利用はヨーロッパや北米の教育現場では増加しており、学校側ではGoogle管理コンソールを利用している対象機種のChromebookがアドビのアプリのインストールと使用許諾が可能になる。

 アドビが実施した世界各国のZ世代(90年代半ばから2000年代前半生まれ)の生徒と教師の学習についての調査結果では、生徒が学校教育の中でテクノロジーを利用して問題の解決法を学んだり、クリエイティブなスキルを伸ばすことが重要だとしている。

 学校教育におけるクリエイティビティーとテクノロジーの重要性をサポートするために、Chromebookの強みを活かしたCreative Cloudアプリのアップデート版をリリースするとしている。今後数週間でリリースされるアプリは以下の通りだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン