このページの本文へ

IO DATA「UD-LT1」

NTTドコモやau対応のSIMスロットを備えるM2Mルーターがアイ・オーから

2017年02月01日 23時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器から、M2M(Machine to Machine)において安定したネットワークアクセスを実現するための機能を備えたルーター「UD-LT1」が登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。

M2Mにおいて安定したネットワークアクセスを実現するための機能を備えたルーター「UD-LT1」

 「UD-LT1」は、工業・産業系市場において機器同士をネットワークで接続して情報をやりとりするM2M対応のルーター。代表的な用途として、自動販売機の販売・在庫データを管理会社が遠隔で取得するなどがある。

 本体背面にはSIMスロットを搭載しており、NTTドコモ、KDDIの両方のネットワークに対応。各社の標準SIMを挿入してデータ通信をすることができる。なお、NTTドコモ、KDDIとの相互接続性試験(IOT)を完了したZTE Welink製通信モジュールを採用しているため、安心して利用できるという。

NTTドコモ、KDDIの両方のネットワークに対応したSIMスロットを搭載する

 また、遠隔地での稼動を想定し通信回線に障害があった際に自動的に回線を切り替え。障害発生時にはLTEモジュールのリセット、本体のリブートを行ない、通信復旧を試みる。なお、スケジュールで定期的にリセット・リブートさせることも可能だ。

 そのほか、WCDMA対応バンドはB1、B6、B8、LTE対応バンドはB1、B3、B8、B18、 B19、B21、伝送速度が上り最大50Mbps、下り最大100Mbps。

 価格は2万9800円(税抜)だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中