このページの本文へ

消費電力が増えて動作が不安定になりやすいRaspberry Pi 3に向け電源を確保

Raspberry Pi 3に対応した3G通信モジュール「3GPi Ver.2」

2017年01月25日 16時13分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「3GPi Ver.2」

 メカトラックスは1月25日、Raspberry Pi 3に対応した3G通信モジュール「3GPi Ver.2」を発売した。

 Raspberry Piに装着して3G通信を可能とするモジュールで、従来モデル「3GPI(3GPi Ver.1)」の基本仕様を踏襲しつつ、電源容量を増やすことでRaspberry Pi 3 Model Bに対応した。

Raspberry Piに装着して使用する

 Raspberry Pi 3 Model Bでは消費電力が増加しているため、これまでのようなmicro USB給電では動作が不安定になることがあった。3GPi Ver.2では大容量ACアダプターから3GPiを経由してRaspberry Pi 3に電源を供給する。ステータス表示用LEDを搭載して通信状況の確認も可能。価格は2万9800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン