このページの本文へ

中判撮影に向けた豊富なオプションも魅力

富士フイルム、中判サイズの撮像素子を搭載する中判デジカメ「GFX 50S」

2017年01月19日 18時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FUJIFILM GFX 50S」

 富士フイルムは1月19日、中判サイズのミラーレスデジカメ「FUJIFILM GFX 50S」を発表した。2月下旬に発売する。

 中判サイズ(43.8×32.9mm)の5140万画素COMOSセンサーを搭載、レンズマウントは「FUJIFILM Gマウント」で、同社中判カメラを継承する「GFレンズ」を装着して使用する。撮像素子には超音波式センサークリーニングも備える。

「GFレンズ」3製品

 マグネシウム合金ボディには背面に3.2型液晶ディスプレー(タッチパネル、3方向チルト機能付き)、0.5型EVF(有機EL)を搭載。EVFは着脱式で、別売のアダプターを用いることでさまざまなアングルで利用することが可能。

EVFをチルトできるアダプターのほか、さまざまなオプションによりプロユースの撮影が可能

 記録メディアはSDカード。デュアルスロットを装備し、同じデータを2枚のカードに同時記録、JPGとRAWを別々に書き込むなどの機能を持つ。本体サイズはおよそ幅147.5×奥行き91.4×高さ94.2mm、重量約825g(バッテリー/メモリーカード含む)。価格はオープンプライス(実売価格は80万円前後)。

 同時にGFレンズとして、標準レンズ「FUJINON GF63mmF2.8 R WR」(21万600円)、標準ズームレンズ「FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR」(32万3460円)、中望遠マクロレンズ「FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」(37万7460円)が発売される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン