このページの本文へ

日本でも「Android Pay」開始 楽天Edyが登録可能も現時点では機能は限定的!?

2016年12月13日 16時20分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは今日13日に、Androidスマートフォン向けの電子決済サービス「Android Pay」を日本国内でも開始したことを発表した。Android Payのサービスが始まるのは日本で9ヵ国目。

 Android Payが利用可能なのはAndroid 4.4を搭載した端末だが、電子マネーサービスにはFeliCa搭載のおサイフケータイ対応機が必要となる。

Google Playからアプリをインストールして利用する。現時点で追加できるのは楽天Edyのみ

 現時点で対応している電子マネーは「楽天Edy」のみで、Android Payアプリをインストールすることで、アプリ内のWalletに楽天Edyを登録できる。残高確認やGoogleアカウントに紐付いたクレジットカードからのチャージも可能。2017年には、フェリカネットワークスとの連携により、対応電子マネーの種類を増やすほか、三菱東京UFJ銀行、VISA、MasterCardなどとの提携でアプリからの決済などにも対応予定としている。

Android Payアプリで楽天Edyを新規追加した。現在はキャンペーンで400円分のクレジットがプレゼントされる
Android Pay側で追加した楽天Edyは、おサイフケータイアプリ側からも認識される

 現状はAndroid Pay内にクレジットカードの登録ができないなど機能は限定的だが、今後の進化に期待したい。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン