このページの本文へ

4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術を採用

novas WiMAX、下り最大440Mbpsの「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を販売

2016年12月09日 18時41分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シンセイコーポレーションは12月9日、同社が運営するWiMAX 2+データ通信サービス「novas WiMAX(ノバワイマックス)」にて、WiMAX 2+モバイルルータ「Speed Wi-Fi NEXT WX03」の取り扱いを開始した。

 Speed Wi-Fi NEXT WX03は、4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術を組み合わせ、下り最大440Mbpsの高速通信を実現した。さらに、上り回線にはキャリアアグリケーション技術と64QAM変調方式を導入し、上り速度は最大30Mbps。バッテリー容量は2890mAh。長時間の通信が可能で、電池残量に応じてパワーセーブするエコモードを備えている。

 端末料金は無料で、月間データ量上限無しで月額4880円の「novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年)」と月間データ量は7GBで4196円のnovas WiMAX 2+ 定額プラン(2年)」を用意している。

Speed Wi-Fi NEXT WX03
サイズ99×62×13.2mm
重量およそ110g
通信方式WiMAX 2+
バッテリ容量2890mAh(取り外し可能)
同時接続台数Wi-Fi機器:10台、USB:1台
Bluetooth機器:3台
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
対応OSWindows10/8.1/8/7 SP1/Vista、Mac OS X 10.5~10.12
ディスプレー2.4インチカラー
カラバリホワイトゴールド、ディープブルー

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン