このページの本文へ

薄さ15.4mm、17時間駆動、30分で7時間使える急速充電

これはきっと日本だからできた「ウスカル」ノート、新dynabook Vは東芝の技術がてんこ盛りだ!!

2016年12月02日 23時23分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

急速充電とバッテリーのサイクル寿命の両立

 使用されている細かなデバイスにも注目。今回の機種では0%から、たった30分間の充電で約7時間の利用ができる、急速充電に対応している(お急ぎ30分チャージ)。しかし大量の電流を短時間で流せばその分バッテリーの劣化は早くなる。バッテリーメーカーとの協業によって、バッテリーのサイクル寿命を維持しながら、高速に充電できるインテリジェントな充電カーブを試行錯誤した。

 本体に内蔵するチップを使い、バッテリーの特性を加味しながら、充電時に流す電流をコントロールする。急速充電には専用のACアダプターを使わなければならないとするメーカーもあるが、東芝の場合は十分な電力が供給できるUSB Type-C対応のアダプターであれば、メーカーを問わず急速充電の効果が得られるという点もうれしいポイントだ。スマホ用など今後選択肢が増えそう。ただし本体付属のものは45W出力に対応する、10~20W程度のよくあるスマホ用のアダプターでは速度は遅くなる。

二軸ヒンジ。2万回開閉できる強度を確保するため、素材などにも気を配った。

Windows Helloの顔認証を効果的に実施するため、赤外線カメラを装備している。ただ既存のものではどうしても部品が大型化してしまうため、Cortana用のステレオマイクやウェブカムなどを一体化したモジュールをこの製品のために開発した。

Windows Helloの指紋認証に対応するため、指紋センサーを一体化したタッチパッドを装備。

高音質についても徹底的にこだわる

 ノートパソコンとしてもタブレットとしても動画を快適に見たいというニーズはあるはず。だから音も重要な要素だ。そこでharman/kardonスピーカーによる高音質を追求した。豊かな低域を得るために、バスレフポートなど、スピーカーモジュールの形状にも工夫を凝らしている。また内部の空気の流れを阻害しないよう、スピーカーケーブルの取り付け位置もミリ単位で調整したという。

1~2万円の外付けスピーカーに迫る高音質を内蔵スピーカーで得る、というのが目指したコンセプトだ。

こだわりのステレオスピーカー。

指向性や反射、低域の量感などに配慮して取り付け位置や形状などを吟味している。;

ユニットは面積をとりやすい楕円形。ただし四角にしてしまうと歪みやすくダメとのこと。ユニットの周囲にはフエルトの様な振動吸収材が貼られている。

背面にはharman/kardonの文字と吸音材。ここはビビりを防ぐ効果もあるとのこと。

側面にバスレフポートが見える。この穴をふさがず空気が流れるようケーブルの位置や内部のレイアウトを工夫した。

インターフェースは割り切る、その代わりアダプターを標準添付

 I/O端子はAC入力を兼ねたUSB Type-C(Thunderbolt3共用)端子と、逆側にあるType-A フルサイズの端子のみ。薄型化のため、LANやD-Sub端子は入れられなかった。しかし変換アダプターが標準で付属する。

薄型化のためにレガシーのインターフェースはバッサリと削った。そこでLANやHDMI、D-Subなどに対応するめの変換アダプターを標準で同梱している。

USB Type-Cに接続するが、アダプター使用時に充電できるよう、ACアダプターからの給電も可能だ。

参考出品のThunderbolt 3ドック

 またペン芯、液晶の表面材料などにも配慮して、ペンの書き心地を追求した。筆速が速い場合でも遅い場合でも反応を紙とペンに近い、適度な摩擦感になるよう調整しており、実際に書いてみると非常に自然だと感じられた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン