このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第54回

リコー「THETA SC」にニコン「KeyMission 360」、エレコムの付属品てんこ盛りカメラなど!

最新の全天周360度カメラ3製品とVRゴーグルで遊んでみよう!

2016年11月28日 19時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で11月17日に公開した「最新の全天周360度カメラ3製品とVRゴーグルで遊んでみよう!」を紹介します。


イメージ

 リコーが2013年に発売した「THETA」で火が付いた360度全天周カメラ。上下左右、360度の画面をタップして好きなところを見られるという画像はスマホと相性が良く、大いにも人気を集めた。

 そして、2016年は3DVRが普及し、再び360度全天周カメラに注目が集まっている。実際、この秋には新製品がいくつか登場しており、それらは3DVRを意識した製品となっている。本特集ではそれらの最新360度カメラを紹介しつつ、3DVRへの活用も行なってみたいと思う。

元祖全天周カメラが低価格で登場! リコー「THETA SC」

「THETA SC」(ベージュ)。前後に広角カメラを搭載

 リコー「THETA」のエントリーモデルにあたるのが「THETA SC」だ。上位モデルの「THETA S」が実売価格4万2000円前後なのに対して、SCは3万2000円前後で購入できる。

 SとSCは、HDMI出力の有無と外装の質感の違いが大きいが、それ以外はほとんど違いがない。

本体底面。三脚穴のほか、充電およびPC接続のためのmicroUSB端子がある。HDMI端子はない
本体底面。三脚穴のほか、充電およびPC接続のためのmicroUSB端子がある。HDMI端子はない
本体上面にマイクを内蔵
本体上面にマイクを内蔵
本体側面。上から電源ボタンとWi-Fi接続ボタン、動画/静止画切り替えボタン 本体側面。上から電源ボタンとWi-Fi接続ボタン、動画/静止画切り替えボタン

 撮像素子は1/2.3 CMOSセンサー×2で、最大5376×2688の静止画を撮影可能。動画は最大1920×1080ドットで撮影可能だ。

 本体は防水仕様ではなく、水辺などで撮影したい場合は別売のハードケースが必要(それでも水中撮影は不可)。また、付属品はソフトケースのみとなり、アクセサリー類もそう多くない。

「RICOH THETA S」アプリの静止画撮影画面。上部にライブビューが表示できる 動画撮影画面。ライブビューの表示はない
「RICOH THETA S」アプリの静止画撮影画面。上部にライブビューが表示できる動画撮影画面。ライブビューの表示はない

 全天周カメラは基本的にスマートフォンと組み合わせての使用が前提となる。THETA SCの場合は、専用アプリの「RICOH THETA S」をスマートフォンに導入することで、ライブビューの確認や撮影、設定などが行なえる。

 本体には電源ボタンとWi-Fi接続ボタン、動画/静止画切り替えボタン、シャッターボタンしかなく、設定はスマホがないと行なえない。また、撮影データは本体内のメモリーに保存される仕組みで、microSDカードスロットもないのでメディアへの保存はできない。

シャッター優先、ISO優先、マニュアルのモードが選べる
オートではHDR撮影も可能だ 撮影した画像は撮影時間順に大きなサムネイルで表示される
オートではHDR撮影も可能だ撮影した画像は撮影時間順に大きなサムネイルで表示される

 続きは「最新の全天周360度カメラ3製品とVRゴーグルで遊んでみよう!」でご覧ください。以降には、ニコンが製品化した「KeyMission 360」やエレコムのお買い得360度カメラ「ACAM-VRD01BK」を紹介。さらに、VRゴーグルを組み合わせた3D VRコンテンツとしての楽しみ方なども紹介しております。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事