このページの本文へ

ZOTAC「MAGNUS EN1080 10 Year Anniversary Edition」、「MAGNUS EN1080 10 Year Anniversary Edition with Windows 10 Home」

Core i7にGTX 1080を搭載! ハイエンド過ぎるベアボーンがZOTACから!

2016年11月24日 22時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 小型筺体にGeForce GTX 1080とCore i7-6700を詰め込んだZOTAC製のハイエンドベアボーン「MAGNUS EN1080 10 Year Anniversary Edition」(型番:ZBOX-EN1080-J)が発売された。メモリーやストレージデバイス、OSを標準搭載する完成品PC「MAGNUS EN1080 10 Year Anniversary Edition with Windows 10 Home」(型番:ZBOX-EN1080-J-W2B)も販売中だ。

小型筺体にGeForce GTX 1080とCore i7-6700を詰め込んだZOTAC製のハイエンドベアボーン「MAGNUS EN1080 10 Year Anniversary Edition」。ZOTAC創業10周年記念として誕生した限定モデルだ

 ZOTAC創業10周年記念として誕生したこの製品は、本体サイズ203(W)×225(D)×128(H)mmの筺体に、ハイエンドGPUである「GeForce GTX 1080」を搭載。CPUにはデスクトップ向けの上位モデル「Core i7-6700」(Skylake-S/4コア/8スレッド/3.4GHz/ターボブースト時4.0GHz/8MBキャッシュ/TDP 65W)を採用し、冷却システムにはオリジナル水冷ユニットを装備するなど、小型ながらハイエンドなスペックに仕上げられている。

CPUにはデスクトップ向けの上位モデル「Core i7-6700」を搭載。気になるのが熱対策だがオリジナル水冷ユニットを装備することでクリアーしたとされている。またフロントにHDMIを1基備えており、HTC ViveなどのVRヘッドマウントディスプレーの接続も容易だ

 そのほか主なスペックは、メモリースロットがDDR4-SO DIMM×2(DDR4-2133/最大32GB)、ストレージはM.2×1(2280まで/PCI Express Gen3 x4サポート)、2.5インチ×1(9.5mm厚まで)。ネットワークはギガビットLAN×2、IEEE 802.11ac無線LAN+Bluetooth 4.2。

スペック表を見る限り小型ベアボーンとは思えない。価格もハイエンドデスクトップ/ノートPCに匹敵する。ちなみにACアダプターは2個使用する

 インターフェースはフロントにHDMI 2.0×1、3in1カードリーダー(SD/SDHC/SDXC)、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、ヘッドホン出力、マイク入力端子。リアにDisplayPort 1.3×2、HDMI 2.0×2、ギガビットイーサネット×2、USB 3.0×4、Wi-Fiアンテナ用ポート×2、ACアダプター用ポート×2。

 付属品にはWi-FIアンテナ×2、ACアダプター×2、電源ケーブル×2、ユーザーマニュアル、クイックインストールガイド、ドライバーインストールキットが付く。

完成版PCの「ZBOX-EN1080-J-W2B」。CPUやGPUに比べるとやや貧弱な印象の追加パーツ。ただしOS込みで購入後はすぐに使える

 価格は「ZBOX-EN1080-J」(ベアボーン)が28万2070円で、パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.(完売)で販売中。ほかに8GBメモリーに120GB SSD、1TB HDD、Windows 10 Homeを標準搭載する「ZBOX-EN1080-J-W2B」(完成PC)が31万2000円で、こちらはパソコンショップアークで販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中