このページの本文へ

Palit「GeForceRGTX 1050 Ti Dual OC」

デュアルファンでOC仕様のGeForce GTX 1050 TiがPalitから発売

2016年11月23日 22時45分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PalitからオリジナルVGAクーラー採用のGeForce GTX 1050 Ti搭載ビデオカード「GeForceRGTX 1050 Ti Dual OC」(型番:NE5105TS18G1-1071D)が登場。ドスパラ パーツ館で販売がスタートした。

オリジナルVGAクーラー採用のGeForce GTX 1050 Ti搭載ビデオカード「GeForceRGTX 1050 Ti Dual OC」

 Palitから2モデル目となるGeForce GTX 1050 Ti搭載ビデオカードが発売された。デュアルファン仕様のオリジナルVGAクーラーは、専用のアプリケーションを使用することにより、ファンの回転数やクロック設定を変更できる。

ターボファンブレードを採用したデュアルファン仕様のオリジナルVGAクーラーはファンの回転数も設定可能

 主なスペックは、コアクロックが1366MHz、ブーストクロックが1480MHz、メモリークロックが7000MHzのオーバークロック仕様。メモリーバス幅は128bitで、GDDR5 4GBのビデオーメモリーを搭載。出力インターフェースにはDVI-D×1、HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×1を装備。補助電源コネクターは6ピン×1で、基板の長さは216mmとなる。

 価格は1万8500円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ