このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第46回

日曜日:スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典 第13回

スマホの原型は2001年からあった!変態ケータイでおなじみ「モトローラ」 【倶楽部】

2016年11月18日 11時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で毎週日曜日に更新する連載「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」から10月2日に公開した「極上の変態ケータイも生み出した『モトローラ』の栄光と没落」を紹介します。


 世界初の携帯電話を開発したモトローラですが、スマートフォン市場ではなかなか頭角をあらわせず、モバイル製品部門はグーグルへの買収を経て、現在はレノボの傘下となっています。

 2016年になり、合体式スマートフォン「Moto Z」が大きな話題を集めていますが、老舗のメーカーらしく、過去には栄光に酔いしれる時期もありました。

 スマートフォンの元祖の時代から高性能端末を送り出してきたモトローラの、苦難に満ちた歴史を振り返ってみます。

スマホの原型は2001年から! PDA型端末で人気を得る

 モトローラの名前は古くからの携帯電話ファンにとってはおなじみのものでしょう。日本でも「スタータック」など、数々の名機を販売してきました。頭文字を取った「M」のロゴマーク、これを見ただけでぐっとくる人も多いはず。

 最近ではアメリカで「Droid」シリーズがヒットを飛ばし、グーグル時代にはNexusスマートフォンも手がけていました。しかし、スマートフォン市場ではなかなかシェアを伸ばすことができず、実は鳴かず飛ばずの時代を長く経験しているのです。

 携帯電話で通話だけを利用するのではなく、スケジュールを見たり、長文をスラスラと入力したい、と考えるユーザーが増え始めた2000年前後、PDA(パーソナル・デジタル・アシスタント)と呼ばれる製品が多数登場しました。

 そのPDA機能を携帯電話に融合した製品も携帯電話メーカー各社から登場します。いまのスマートフォンの黎明期であり、アプリを入れたりネット接続はできないものの、QWERTYキーボードやスタイラスペンを使うタッチパネルを搭載し、高度な携帯電話としてビジネスパーソンを中心に人気を集めていったのです。

 モトローラは1999年に320×240ドットのモノクロタッチパネルを搭載した「Accompli 6188」を発売します。画面サイズは2型程度でしたが、付属のペンを使って手書きで文字が書けたり、電話帳やスケジュールアプリを呼び出せるなど画期的な製品でした。しかも、縦開きのフリップカバースタイルで、閉じれば誤操作も防げたのです。

 続けて、2001年に横折りたたみ型でQWERTYキーボードを備えた「Accompli 009」も登場。こちらは240×160ドット、CSTNの4096色という「色の付いた小型画面」程度のディスプレーを搭載していましたが、キーボードからサクサクと文章を打つことも可能だったのです。

スマートフォン以前のタッチパネル携帯電話「Accompli 388」

 初期のモトローラは、このPDA機能内蔵端末にAccompliのブランドを使っていました。その後は複数のモデル展開を行ないますが、2003年発売の「Accompli 388c」が最後の製品となります。

 この388cはスポーツカーのようなデザインをしており、見た目だけでも非常に目立つ製品でした。ディスプレーも約6万5000色のTFTとなり、スケジュールの曜日の色分けなども見やすくなりました。当時はこの388cを持っているだけで仕事のできるビジネスパーソン、あるいは最先端のモデルを使いこなすアーリーアダプタユーザーと思われたに違いありません。

 このAccompliシリーズが終了したのは、2002年からノキアがSymbian OSを本格的に採用しはじめたからでしょう。高性能端末は「タッチパネルの使える高機能携帯電話」から「アプリやカメラが使えるスマートフォン」へと、ついにOSを搭載するスマートフォンへの移行が始まったのです。

 しかし、ここからモトローラのスマートフォン戦略は混迷を極めます。


 続きは「極上の変態ケータイも生み出した『モトローラ』の栄光と没落」でご覧ください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介したスマホの記事だけでなく、PCやカメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事