このページの本文へ

「独身の日」取引総額は32%増の1.9兆円、越境EC1位は日本

文●通販通信

2016年11月14日 03時01分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image

image アリババグループは12日、「独身の日」(11月11日)に中国最大級のECサイト「TMALL(天猫)」などで実施した大規模セールの取引総額が、前年比32%増の1207億円(約1.9兆円)に達し、過去最高を更新したと発表した。

 同セールは11日の0時から開始し、取引額は7分で100億元(約1560億円)を超え、1時間で362億元(約5611億円)、15時間で昨年の実績912億元(約1.4兆円)を突破した。最終的に前年比32%増の1207億円(約1.9兆円)に上った。伸び率は前年比32%増となったが、昨年の前年比60%増から半減した。

 今年の同セールでは、仮想現実(VR)のヘッドセットを装着すれば、仮想現実の店舗の製品を閲覧することができ、日本からマツモトキヨシも仮想店舗を出店した。また、アリババグループのビデオプラットフォーム「Youku」を通じてファッションショーを開催。取引総額の推移を、動画でリアルタイム配信した。

  235の国と地域から、国際ブランドが参加し、アディタス、アップル、ナイキ、パンパース、ユニクロなどがカテゴリーのトップとなる売上を上げた。日本企業からも多数の企業が参加し、越境ECの国別売上のトップは日本で、紙おむつや洋服などの売上が拡大した。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く