このページの本文へ

ASUS「H110T」

Skylakeが使えるACアダプター駆動のThin Mini-ITXマザー

2016年11月09日 23時02分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、薄型のThin Mini-ITXフォームファクターに対応するH110チップセット搭載マザーボード「H110T」が発売された。LGA 1151対応でSkylakeコア採用CPUが利用可能だ。

薄型のThin Mini-ITXフォームファクターに対応するH110チップセット搭載マザーボード「H110T」

 厚みを抑えた薄型Thin Mini-ITXフォームファクターに準拠する久々の新モデル。採用チップセットはIntel H110 Expressで、Skylake世代のCore i7/i5/i3/Pentium/Celeronが搭載可能。電源は市販の19V ACアダプター(7.4×5.1mm)駆動に対応するが、こちらは別途用意する必要がある。なお、使用するCPUがTDP 35W以下の場合は90Wクラス、TDP 65W以上の場合は120W対応のACアダプターが推奨されている。

厚みを抑えた薄型Thin Mini-ITXフォームファクターに準拠。Skylakeサポートのため、メモリーはDDR4 SO-DIMM対応となる

 主なスペックは、拡張スロットとしてM.2×2(type 2230/WiFi module用とSSD用type 2242/2260をサポート)を装備。メモリースロットはDDR4 SO-DIMM×2(最大32GB/2133MHz)。オンボードインターフェースにSATA3.0×2、サウンド、ギガビットイーサネット×2(Intel+Realtek)、USB 3.0×4など。I/O部のグラフィックス出力にはHDMI×1、DisplayPort×1、LVDS×1を備える。

 価格は1万1318円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

バックプレートはThin Mini-ITXと通常タイプの2種類が付属

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中