このページの本文へ

ライカSLレンズ、ライカRレンズにも対応

ライカ、新製品「ライカTLシステム」発表

2016年11月09日 16時51分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ライカTLシステム

 ライカカメラジャパンは11月9日、レンズ交換式デジカメ「ライカTLシステム」を発表した。11月より順次発売する。

 現行の「ライカTカメラシステム」を機能強化したモデルにあたり、総1650万画素のAPS-Cセンサーを採用、レンズはライカLバヨネットマウント方式(電子接点装備)。背面にある3.7インチ液晶はタッチパネルで各種操作が可能。

 内蔵メモリーが32GBと従来機の2倍になったほか、AF-Cモードでのオートフォーカス性能を向上させている。また、ライカの他のカメラシステムのレンズとの互換性が最適化されており、光学手ぶれ補正機能(OIS)を備えたライカSLレンズや、レンズアダプターを介することでライカRシステム用レンズを使用できる。

 Wi-Fiを搭載しており、撮影画像をワイヤレスでPCやスマホに転送できるほか、専用アプリ「Leica TL app」を使うことでスマホ側で各種撮影設定、シャッターを切るなどの操作が可能。本体サイズはおよそ幅134×奥行き33×高さ69mm、重量は約384g(バッテリー含む)。

シルバー、ブラック、チタンカラーの3種がラインナップ

 発売を記念し、標準ズームレンズ「ライカバリオ・エルマーTL f3.5-5.6/18-56mm ASPH.」をセットにした、「ライカTL 標準ズームセット」を国内100 セット限定で発売する。価格は42万1200円。ボディーカラーはシルバー、ブラック、チタンカラーの3種で、シルバーとブラックは11月発売、チタンカラーは12月発売となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン