このページの本文へ

ドコモ、iモードケータイの出荷をまもなく終了、らくらくホンは当面継続

2016年11月02日 15時10分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“ガラホ”化されたらくらくホンの新モデル

 NTTドコモは、従来型のiモードケータイの出荷を今年11~12月中に出荷を終了し、在庫限りの販売となることを発表した。なお、iモード対応のらくらくホンについては当面出荷を継続するとのこと。

 iモードケータイは部材の入手難などで、継続が難しくなってきていることが以前から示唆されていた。iモードケータイの新製品としてリリースされたのは2015年11月発売の「P-01H」が最後。

 ドコモは昨夏モデルからAndroidベースのケータイ(フィーチャーフォン)の提供を開始。今年の冬モデルではケータイ2製品に加え、らくらくホンの新製品(F-02J)でも同様に、Androidベースかつ、LTEの高速データ通信&VoLTEに対応したモデルを投入している。

 なお、iモードの各種サービスについては引き続き利用できるとのこと。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン