このページの本文へ

大人気「ひらくPCバッグ」かわいいネイビーのミニサイズ

2016年11月06日 18時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミニでーす。でも機能性はそのままで、けっこう入りまーす。すっきりしたネイビーでーす。

 大人気ひらくPCバッグのミニ版に、別注カラーのネイビーモデルが登場しました。ちなみに通常サイズのネイビーモデルもあります。こちらも人気ですが、今回はミニの紹介です。

 ひらくPCバッグとは「開いたまま自立する三角形のバッグ」。側面が三角形になっていて、フタを真ん中までオープンできる構造です。バッグの中の荷物は底に溜まるわけで、思い切って上の部分を狭くしました。

 これにより、ファスナーを開くとフタが倒れ、バッグが開いた状態をキープするという独自の仕組みが完成したのです。

 ミニになっても、机やテーブルの上で自立し、フタを開くと必要なモノがすぐに取り出せる最大の特徴はそのまま。バッグの底の方まで見やすいので、中をごそごそすることはありません。底のほうを取り出すために上の荷物をどかすとか、中を適当に探っているうちにモノ同士がぶつかって傷つくとか、そういった危険性も減るわけです。

ファスナーを開くとフタが倒れ、二等辺三角形のバッグが開いた状態をキープ

 開いたまま自立するため、バッグの中身が一目で確認でき必要なモノへすばやくアクセスできる。ここ。ここがポイント。

 これにより、バッグの中にあるツールを、使うときには中から直接取り出し、使い終わったら中の元の位置に戻すというスタイルが可能になる。つまり、自分で構築した作業環境をそのまま持ち運べる。ペン立てや引き出しを持ち歩くような感覚です。

 公園のベンチでも、オフィスでも、カフェでも、お気に入りのツールにすぐにアクセスできるようになるのがすごい。また底面にターポリン素材を使用することで、床や地面に置いても汚れが付きにくくなっています。

 そして、気になる収納力にも自信アリ。ミニとはいってもひらく“PC”バッグをうたうわけで、13インチのノートPCまでならだいたい入ります。手前にはカメラもペットボトルも財布もポーチもノートも入る。

13インチのノートPC(MacBook Pro Retina, 13-inch, Early 2015)とノートとボールペンとデジタルカメラと500mlペットボトルとポーチとパスケースとモバイルバッテリーとカメラのバッテリーとケーブル2本を入れてもこんな感じ
全部だけではなくて、ちょっとだけ倒すということもできます。ここのポケットにパスケースなど、よく使うツールを入れておくとアクセスがラクですね

 写真の通り、ノートPCを入れると、バッグの中心側に傾いて配置されます。PCのほかにまったく何も入れない状態でも、重心は中心近付にあります。重いPCは、重心を中心に近づけた方が安定する。倒れにくくなっているだけでなく、うっかり倒しても中で衝撃を受けにくい。

 なお、マジックテープで固定する2つの仕切りがあるため、ガジェットやノートなどを入れるのみならず、カメラバッグとしても活用できます。

 もちろん、背負ったままでも中へのアクセスはラクラク。欲しいものが、すっと取り出せます。何度も言っていますが、ここがひらくPCバッグのすごいところです。

ストラップの取付け角度にもすごさが隠れています。バッグの後ろ側に付けることで、体に密着するから肩掛けしていても疲れにくく仕上がっています

 本体サイズは幅29×奥行き12.5×高さ36cm。ショルダーストラップは幅5cm、長さは77〜132cm。重量はおよそ710g。

 価格は2万350円となっています。まあ、激安とはいえないかもしれません。でも、半端なものを買うより、お役立ちな逸品を買うほうが後悔しないのではないか。このひらくPCバッグminiはそのクオリティーに達していると思います。カジュアルにもビジネスにも使えます。ぜひ。

ひらくPCバッグmini 週刊アスキー×AppBank Storeコラボモデル ネイビー

カテゴリートップへ

お買い得情報