このページの本文へ

KDDIやナビタイムが提供する海外旅行の新しいカタチ

1980円で世界旅行、VRを使ったリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」

2016年10月21日 18時41分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIとナビタイムは10月20日、VRを活用した遠隔旅行サービス「SYNC TRAVEL」を発表。応募受付を開始した。

 特設会場にて専用のゴーグルを装着、現地ガイドが持つ360度カメラの映像をリアルタイムに体験する。観光スポットを巡って現地の人とのコミュニケーションを楽しめるほか、見えている風景を写真に撮影、土産を買って日本で受け取ることができる。

遠隔地を360度で体感、買い物などもできる 

 10月20日よりナビタイムジャパンの新サービス「NAVITIMEトラベル」で応募受付を開始し、当選した28組の人に2016年11月3日と4日に東京・表参道の特設会場にてイギリス (ロンドン)、タイ (バンコク)、オーストラリア (シドニー) とつなぐ遠隔海外旅行を提供する。

VR遠隔世界旅行イメージ。現地ガイドが身に付けたカメラ映像を視聴、現地での移動や会話、買い物も体験できる 

 遠隔旅行後には体験した国の飲み物が供される。料金は1組あたり1980円、体験時間は約15分。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン