このページの本文へ

カスタマイズ機能も豊富、キーボードマニアなら買わずにいられないこの一品

コンパクトながら分離型、しかもCherry MX搭載キーボード「Mistel Barocco MD600」

2016年10月21日 14時50分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mistel Barocco MD600

 アーキサイトは10月21日、台湾Mistel keyboardの分離型キーボード「Mistel Barocco MD600」の取り扱いを発表。10月末に発売する。

 テンキーのないコンパクトサイズのUSBキーボードながら、左右に分割して使用できる。キースイッチにCHERRY MXを採用し、黒軸/茶軸/青軸/赤軸モデルを選択可能。また、Cherry MX 白(クリア)軸モデルも楽天アーキサイト@ダイレクトにて数量限定販売予定。

左右に分離可能 

 ハードウェアマクロ機能を搭載し、キー配置や入力パターンをプログラム可能。全てのキーをカスタマイズできるため、左右のスペースバーを別のキーに割り当てる、左右どちらかのユニットに全キーを割り当てるなどとたことも可能。レイアウト配置としてもQWERTYのほかDvorak配列やColemak配列も用意されている。

交換用キーキャップやキー抜き工具、USBケーブルなどが付属 

 キーレイアウトは62キー英語配列。本体サイズは約幅295.5×奥行き124.5高さ39.5mm(スタンド含まず)、重量は約670g(ケーブル含まず)。価格はオープン。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン