このページの本文へ

手書き文字変換に加え、キーボードでのIME(かな漢字変換)を提供

入力ソフト「mazec」が2 in 1 PC向けにアップデート、手書き・キーボードに対応

2016年10月18日 19時59分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MetaMoJiは10月18日、法人向け手書き入力「mazec」のWindows版をアップデートし、2 in 1 PCのキーボード入力にも対応した「mazec IME」を発表。2017年3月より提供開始する。

 mazecは、タッチパネルデバイスで手書き入力・変換が可能な入力ソフト。たとえば「会議」と入力したい場合、「かいぎ」、「会ぎ」、「かい議」でも変換できる。キーボードでのかな漢字変換入力の普及により、漢字を書くことが苦手になってしまった人に適合した処理で、ストレスの少ない「日本語入力」を実現したという。

 今回のアップデートでは、手書き文字変換に加え、キーボードでのIME(かな漢字変換)が合わせて提供される。タブレット上の手書きとキーボード利用時で、統合された入力環境、辞書環境が作れ、2 in 1 PCでベストな文字入力手段を選べる。価格は1デバイスで年間3240円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン