このページの本文へ

原音に忠実な音を再現

三菱電機「DIATONE」70周年、最上位のハイレゾ車載スピーカー

2016年10月11日 18時49分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三菱電機は10月11日、DIATONE(ダイヤトーン)ブランドのハイレゾ音源再生対応2ウェイ埋め込み型スピーカー「DS-SA1000」を発表した。11月15日に発売予定で、価格は72万3600円。

 DS-SA1000は、従来3ウェイスピーカーのみで可能だった可聴帯域内で分割共振(音の歪み)のないフルピストンモーション再生を2ウェイスピーカーで実現したという。また、高いS/N感(音楽信号に対して雑音の影響が小さい)やリアリティー感、エネルギー感のある音楽再生を実現したとしている。

 トゥイーターにB4Cプレミアムボロン振動板を採用。新常圧焼結セラミックス製法と機械シミュレーションにより、口径と形状を最適化し、B4C振動板として毎秒1万2700mの伝搬速度(実測)を達成。不要な共振音が高音域まで発生せず、より原音に忠実な高音域再生ができるという。

 ウーファーにはNCV-R振動板を採用。樹脂を最適配合した製法のNCV-Rにより、毎秒6300mの伝搬速度(実測)を達成。低音域から中音域までの再生周波数帯域全域で、ハイレスポンスに優れた中低音を再現するとしている。

 サイズはおよそ幅78×奥行き195×高さ58mm、重量は、ウーファー用がおよそ480g、トゥイーター用はおよそ330g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン