このページの本文へ

ブイキューブグループが「DRONEBOX」販売へ

自律飛行から充電まで、ついにドローンの全自動運行が実現!

2016年10月12日 06時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ブイキューブロボティクス・ジャパンは10月11日、シンガポールH3 Dynamics(H3D)と提携し、ドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」の国内独占販売を開始する。

 H3Dは、ドローンを活用した先進的なIoTプラットフォームの開発を手掛け、数多くの特許を保有するシンガポールの企業。「DRONEBOX」は、同社が2015年に開発したシステムで、ドローン本体と離着陸や充電を行う「基地」が一体となったもの。あらかじめ設定されたルートへの全自動飛行、自動離着陸、非接触充電、データアップロードが完全無人にて運用できるため、操縦手の配備できなかったエリアでもドローンを展開できるようになる。

 基地は1m×1mほどのボックス状で、野外設置が可能。また、エリアごとに複数の基地を設置するとネットワーク化され、任務を完了したドローンは最寄りの基地に帰還することが可能となる。ドローンの連続飛行時間は45分だが、出発した基地へ往復しなくても済むため、実質的により長時間の任務遂行が可能だ。水素燃料電池により、将来的には3~4時間の飛行も可能になる見込み。

 今回の戦略的提携により、ブイキューブロボティクスが日本国内独占販売を行う。今後、日本の航空法・電波法などの関連法規への適合を進め、顧客開拓、販売促進、プロモーションを展開。2017年1月~3月を目処に発売する。

 想定用途は、全自動飛行が可能なことから、基地を定位置に設置して定期巡航するイメージ。ブイキューブロボティクスでは、自治体などの災害対策、交通機関など社会インフラを担う企業向け保守・点検、大規模工場を持つ企業向け保守・点検などを想定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ