このページの本文へ

Cherry Trailの新ステッピングAtom x5-Z8350搭載のドスパラWinタブ

2016年09月30日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新ステッピングのCherry Trailプロセッサーを搭載する、ドスパラ(サードウェーブデジノス)ブランドのタブレット3モデルが発売。ドスパラ秋葉原総本店にて発売中だ。

ドスパラが販売するCherry Trail搭載のWindows 10タブレットに新モデル。CPUが新ステッピングのAtom x5-Z8350に変更された、スペック強化版が発売中だ

 Cherry Trail世代のプロセッサーを搭載する、ドスパラブランドのWindows 10タブレットがアップグレード。新ステッピングのAtom x5-Z8350を新たに搭載した、スペック強化版の販売が始まっている。OSはいずれも64bit版のWindows 10 Homeだ。

 最もリーズナブルな8型モデルの「Diginnos Tablet DG-D08IW2L」は、ディスプレーが1280×800ドットで、メモリー2GB、ストレージ64GBを実装。200万画素カメラを搭載するほか、ネットワークはBluetooth 4.0と802.11ac無線LANをサポートしている。店頭価格は1万9800円だ。

8型モデルは、HD解像度のディスプレーに2GBメモリー、64GBストレージを実装。価格は1万9800円だ
8.9型と10.1型モデルは、画面サイズとストレージ以外の仕様はほぼ同じ。WUXGA解像度のディスプレーや4GBメモリーを搭載している

 8.9型モデルの「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」と10.1型モデルの「Diginnos Tablet DG-D10IW3S」の仕様はほぼ同等で、ディスプレー解像度が1920×1200ドット、メモリー4GBを実装。500万画素カメラを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.0と802.11ac無線LANをサポート。なお、ストレージのみ8.9型モデルが64GB、10.1型モデルは32GBとなっている。価格はいずれも2万8800円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン