このページの本文へ

4Uシャーシに最大16GPUを搭載可能なGPU高密度サーバー製品

ディープラーニング特化サーバー「HPE Apollo 6500」発売

2016年09月09日 12時50分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は9月9日、ディープラーニング用途に特化したGPU高密度サーバー製品「HPE Apollo 6500 System」の販売を開始した。4Uサイズのシャーシに2サーバーノード収容し、最大16枚のGPUを搭載できる。

ディープラーニング特化型サーバー「HPE Apollo 6500 System」

 Apollo 6500 Systemは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けシステム「HPE Apollo System」ファミリーの最新製品。研究機関や企業における高度なシミュレーションやディープラーニングニーズに対応するため、省スペースな筐体で多数のGPUを高密度収容する設計になっている。

 具体的には、Apollo 6500 Systemは2ノードの「ProLiant XL270d Gen9」サーバーと電源モジュールを収容する。ProLiant XL27dサーバーは、1ノードあたりGPUを最大8枚、「インテルXeon E5-2600ファミリー」CPUを最大2基、またDDR4メモリを最大1TB搭載できる設計。PCIe x16ロープロファイルスロット×2、PCIe x8 メザニン型スロット×1を備える。

 対応するGPUとしては、NVIDIA Tesla M40/K80/K40、NVIDIA Pascal GPU 、インテル Xeon Phi(Knight Landing)、AMD FirePro S9150となっている(一部未発売製品含む)。

 HPE Apollo 6500 Systemの希望小売価格(税抜)は、289万6000円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ