このページの本文へ

レノボも“持ち運び”に参戦! グリップ採用ゲーミングデスクトップ「Lenovo ideacentre Y710 Cube」

2016年08月30日 11時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ゲーミングデスクトップ「Lenovo ideacentre Y710 Cube」

 レノボ・ジャパンは、”持ち運び”を意識したゲーミングデスクトップ「Lenovo ideacentre Y710 Cube」を発表した。同社初のミニタワー型で、本体上部のグリップを利用した持ち運びが可能。Webダイレクト価格(直販価格)は11万1000円(税別)から。直販サイト「レノボ・ショッピング」で2016年9月2日より販売を開始する。

同社初のミニタワー型で、本体上部のグリップを利用した持ち運びが可能

 最小構成は、CPUがIntel Core i5-6400(2.7GHz)、AMD Radeon R9 370X(4GB)、8GBメモリー(最大32GB)。ストレージは1TB HDDとなっている。また上位モデルの仕様は、、Intel Core i7-6700(3.4GHz)、NVIDIA GeForce GTX 1080/1070(8GB)、16GBメモリー、256GB SSD(SATA)+1TB HDD、DisplayPort端子×3などとなっている。

 インターフェースは、DisplayPort端子×3、DVI-D(デュアルリンク)端子×2、HDMI端子、USB 3.0端子×6、USB 2.0端子×2、音声出力×5、S/PDIFなど。拡張ストレージベイは3.5型べイx3。拡張スロットはPCI Express x16(1)。サイズは約幅252.3×奥行き393.3×高さ314.5mm。最大構成時の重量は約9.1kg。


■関連サイト

カテゴリートップへ