このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

持ち運べる「GeForce GTX 1060/1070/1080」

GTX 1080/70/60を持ち運べ! NVIDIA"Pascal"ならG-Tune 「LITTLEGEAR」がオススメ!!

2016年08月28日 10時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

汚れが目立たない点もポイント

 「LITTLEGEAR」筐体前面のパネルは、指紋が付きにくいマットな質感の樹脂となっており、汚れが目立たない点もポイント。また天板を後方に引くと、スロットイン型のDVDスーパーマルチドライブが出現する(オプション追加時のみ)。

筐体前面のパネルは、指紋が付きにくいマットな質感で、汚れが目立たない

天板を後方に引くと、スロットイン型のDVDスーパーマルチドライブが出現する(オプション追加時のみ)

小型ながら、インターフェースが充実しまくり!

 「LITTLEGEAR」は小型筐体ながらインターフェース類が充実しており、正面近くの右側面に、電源ボタンとUSB 3.0端子×2、ヘッドフォン出力、マイク入力端子を搭載。抜き差しの多いUSB機器はこちらにつなぐ機会が多くなるはずだ。

正面近くの右側面に、電源ボタンとUSB 3.0端子×2、ヘッドフォン出力、マイク入力端子を搭載

 背面上部にはUSB 3.0端子×2、USB 2.0端子×4、PS/2端子、有線LAN(1000BASE-T)端子を採用。背面最上部のPS/2端子やUSB 2.0端子にキーボード・マウス、中段にあるUSB 3.0端子にUSB接続のストレージをつなぐなど、利用するUSB機器の特徴ごとに接続場所を決めて整理するということがやりやすい。背面下部には、DisplayPort×3、HDMI端子、DVI-I端子(DVI-HDMI変換コネクター付属)がある。

「LITTLEGEAR」背面。背面上部にはUSB 3.0端子×2、USB 2.0端子×4、PS/2端子、有線LAN(1000BASE-T)端子を採用

背面下部には、DisplayPort×3、HDMI端子、DVI-I端子(DVI-HDMI変換コネクター付属)がある

冷却性能と美観を追求した筐体内部

 「LITTLEGEAR」は、筐体内部についても特長がいくつもある。まずストレージベイは、3.5インチHDD×1と2.5インチSSD×3の同時搭載が可能で、マザーボード裏面にはM.2スロットを用意。

側面パネルを外した直後の状態

「LITTLEGEAR」筐体内部

M.2接続のSSDはマザーボードの裏に搭載

 また、ストレージを側面に配置するデザインにすることでマザーボード用空間を確保し、冷却性能を高めている点も注目したい(12cmファンや水冷ラジエーターの搭載も可能だ)。内部ケーブル類も、エアフローに影響を与えないよう配線がなされている上、メッシュパネルを通して透けて見えない配置にしているというコダワリぶりだ。

ストレージを側面に配置するデザインにすることでマザーボード用空間を確保し、冷却性能を高めている

 標準構成時の電源は500W(80PLUS SILVER)タイプと十分なものだが、より大容量の電源が必要な方なら、購入選択時に700W電源(80PLUS GOLD)を指定可能だ。

持ち運びはもちろん、メンテナンス性の高さの点でもオススメ

 「LITTLEGEAR」は、本体上部にハンドル(取っ手)による持ち運びやすさに加えて、冷却性能の高さやメンテナンス性の高さ、充実のインターフェースと見所が満載の小型デスクトップだ。普段は机の下に置いておいて、メモリーやストレージを増設するためにちょっと移動させるといった場合でも、その扱いやすさに感心させられるだろう。小型デスクトップがほしいなら、まずは「LITTLEGEAR」を検討することをオススメしたいのだ。

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マウスコンピューター