このページの本文へ

iiyamaの独自の「X-Res Tech.」(超解像度技術)機能搭載

FreeSync対応の28型4Kディスプレー、6万円台で登場!

2016年08月25日 17時34分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは8月25日、4K解像度(3840×2160ドット)に対応する28型ディスプレー「ProLite GB2888UHSU」を発売した。直販価格は6万9800円。

 4K/60Hz出力に対応するHDMI 2.0端子を搭載。高速応答速度1ms(GtoG)とAMD FreeSyncに対応することで、残像感や画像ブレを抑えた映像表現が可能だという。黒レベル調整では、画面の暗い箇所の色合いを-5から+5(暗い→明るい)の10段階で調整可能。また、iiyamaオリジナルのi-Style Color機能で、動画やゲームなど、表示するモードによって最適な画質を選べる。

 画面内に小画面を表示するPicture In Picture機能のほか、別々の入力信号を2画面分割して同時に表示できるPicture By Picture機能を搭載。画質調整機能やブルーライト軽減機能、ちらつきを低減するフリッカーフリーLED、ECOモードなどもある。

 スタンドはおよそ最大130mmの高さ調整と、最大17度のチルト調節が可能だ。画面の向きは90度(左右各45度)調整可能。インターフェースは4K/60Hz対応のDisplayPort、HDMI 2.0端子、HDMI/MHL端子、HDMI端子、D-Sub 15ピンがある。コントラスト比は1000:1(標準)、 12,000,000:1(ACR 機能時)。応答速度は1ms(GtoG)、5ms(標準)。スピーカーは3W×2。DisplayPortケーブル、Mini DisplayPort-DisplayPort、HDMIケーブル、VGAケーブル、USBケーブル、オーディオケーブルが付属する。

カテゴリートップへ