このページの本文へ

じゃじゃ味噌! パリパリれんこん!

「直火焼チキン」を岩手と徳島の魅力で包んだモスバーガー!

2016年08月19日 18時46分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モスフードサービスは8月18日、「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」と「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」を発表した。販売期間は9月13日から11月中旬まで。価格は各464円。

 これまでモスバーガーは「ご当地メニュー」の開発に取り組んできた。今回は「選抜!直火焼チキン祭」をテーマに全国のモスバーガー店舗からアイデアを募集した。集まった各地域の名物や特産品をモチーフにした229件のメニューの中から今回発売される2つのメニューが採用された。

じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ
 モスバーガー矢巾店(岩手県)考案のメニュー。盛岡三大麺の「じゃじゃ麺」をアレンジしたメニューだ。じゃじゃ味噌ソースは豚ひき肉に、玉ねぎ、椎茸、ごぼう、人参など7種類の野菜に、甜麺醤やコチュジャン、黒酢で味付けをした。ごま油の風味豊かなピリ辛ソースに仕上がっている。
 直火焼き鶏もも肉(一枚肉)にレタスと長ねぎ、具材感のある味噌ソースがマッチしたハンバーガーに仕上がっている。

じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ

パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ
 モスバーガー鳴門店(徳島県)考案のメニュー。一枚ずつカットし薄衣をつけて揚げたれんこんチップスとジューシーなチキン、国産素材を使用したきんぴら、レタスを挟んだハンバーガー。
 和風甘辛だれは濃口と薄口の2種類の醤油をブレンドし、清酒、本みりん、塩麹、国産ゆず、隠し味の粗挽き唐辛子とブラックペッパーを加えた。風味豊かな甘辛だれがチキンと野菜の味わいを引き立てる。

パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ

カテゴリートップへ

もぐもぐ動画配信中!