このページの本文へ

日本HP、PCをサービスとして提供する「HP Device as a Service」を発表

2016年08月19日 16時33分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本HPは8月19日、PC本体ならびにPCライフサイクル管理を一元化し、月額固定制のサービスとして提供する「HP Device as a Service(エイチピー・デバイス・アズ・ア・サービス)」を発表した。

 HP Device as a Serviceは、業務に必要なPCテクノロジーとサポートを効率的に導入し、PCをサービスとして利用するという新しいコンセプトによるサービスだという。PC本体ならびにPCライフサイクル管理全般を単一の契約として提供することで、企業は年間コストの予測が可能になり、ビジネス成長に必要なプロジェクトに予算を柔軟に振り向けられるようになるとのこと。また、拡張性を備えているため組織の変更にあわせてPC環境を容易に調整できる。さらに、従業員に最新のPC端末を提供することで生産性のさらなる向上に貢献するという。

 契約期間中は、PCの設定やインストールのほか、データ移行や保守、廃棄など顧客それぞれに最適化したサービス/サポートが提供されるとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン