このページの本文へ

パーツの組み合わせでカタチが変わる! 変形ゲーミングマウス登場

2016年08月12日 17時55分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は8月12日、マグネットでパーツを合体・分離させ自分好みにカスタマイズできる変形ゲーミングマウス「DN-913992」を発売した。価格は8999円。

 DN-913992は、さまざまな形状に変形可能なゲーミングマウスだ。マウス本体のほかに、上下左右に装着できる11種類のパーツが同梱。装着するパーツの組み合わせで、フォルム、手のフィット感、操作感などがまったく違ってくるため、自分の好みに合ったカスタマイズが可能とのこと。

 マウス本体に装着できるパーツは、左側面用、右側面用、上面用がそれぞれ3種類、底面用が2種類の合計11種類。装着したパーツによって形状が変化する。また、セッティング用のソフトが用意されていて、ソフトをインストールしたPCを使ってパーツの中についているボタンの機能や、DPI、LEDライトなどの設定が可能。

 DPI設定が一目でわかるLEDライトのメーターと、上面・底面を光らせるLEDライトも搭載。暗い場所でも問題なく使えるという。ライトの光り方は、専用ソフトのセッティングで変更できる。

 対応OSがWindows 10/8.1/8/7、サイズはおよそ幅92×奥行き130×高さ40mm。ケーブル長さはおよそ168cm、重量はおよそ163g(パーツによって変化)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ