このページの本文へ

これぞ栃木県の食の魅力

ピンク色のかわいい餃子!? 正体は生姜

2016年08月10日 16時45分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 岩下食品とフタバ食品は8月10日、「岩下の新生姜」を使用した「宇都宮餃子 豚きっき 生姜餃子~岩下の新生姜使用~」を発表した。8月11日に岩下の新生姜ミュージアム、8月25日に岩下食品オンラインショップにて先行販売を開始する。一般発売は9月中旬で、栃木県内の道の駅や高速道路サービスエリアなどでの販売を順次拡大する予定。

 同製品は宇都宮や栃木県の食の魅力をさらに発信したいというコンセプトで開発された。宇都宮餃子の人気店「豚きっき(とんきっき)」の餃子の餡に細かく刻んだ岩下の新生姜をたっぷりと混ぜ込んだピンク色の餃子だ。

 新生姜の香りが爽やかで、さっぱりと食べられる餃子に仕上がったという。ビールのおつまみやご飯のおかずとして期待できる。

餡には生姜のほかに豚肉(栃木産)とニラ(栃木産)に、こまつな、たまねぎ(国産)が練り込まれている

 内容量は360g(20個入り)。保存方法は冷凍(-18度以下で保存)。価格は1080円。

カテゴリートップへ

もぐもぐ動画配信中!