このページの本文へ

ハーフ筐体でMusicCastに対応、ESS DAC採用で音もいい

自室の音を他室に飛ばす、ヤマハの新感覚アンプ「WXA-50/WXC-50」

2016年09月28日 13時00分更新

文● 小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
WXA-50

 ヤマハは9月28日、MusicCast対応の新製品「WXA-50」と「WXC-50」を発表した。価格はともにオープンプライスで、店頭での販売価格はそれぞれ6万円前後(税抜)/5万円前後(税抜)になる見込み。発売は9月下旬を予定している。

入力した音声信号を、無線で別室に飛ばせる

 MusicCastはヤマハが推し進めている、オーディオ機器をネットワーク接続するための仕組み。MusicCast対応機器は自身が入力/再生中のソースを、他のMusicCast機器に無線で飛ばすことが可能。リビングと寝室など、異なる場所で同じ音楽を聴いたり、広い部屋を取り囲むように設置した複数のスピーカーで同時に音を鳴らすといったことができる。

DLNAやAirPlay、Bluetooth経由での再生にももちろん対応するが、MusicCast対応は注目したいポイント

 WXA-50とWXC-50はNASに保存した音楽ファイルの再生、Bluetooth接続したスマホの音声再生、AirPlayなどに対応することに加えて、MusicCastのアクセスポイントとしても動作する。イメージがしにくいかもしれないが、MuiscCast対応機器同士であれば、離れた場所でも、常に同じ音を再生できると考えると分かりやすい。MusicCast対応機器はスマホ/タブレットアプリの「MusicCast CONTROLLER」で一括管理できる。

クラビノーバからアナログ入力した信号をリビングやキッチンのスピーカーに飛ばすこともできる

 例えばヘッドフォンで電子ピアノの練習をしている際、そのピアノとWXC-50を接続し、MusicCastで別室に飛ばすこと可能。2Fの子供部屋で練習中の子供のピアノの演奏を、キッチンなどで母親が聴けるといった使い方も訴求している。

複数の場所に設置してあるMusicCast対応機器同士をリンクして操作できる音量調整やタイミングなども一元管理できる
ソース切り替えなど、リモコン機能もアプリ上で提供されている

小型だが高音質、Hi-Fiアンプとしても通用しそう

 本体は幅214×奥行き237.7×高さ51.5mmのハーフサイズ筐体。ともにDAC機能やBluetooth/Wi-Fi接続機能を持つ。さらにWXA-50はプリメインアンプを内蔵し、スピーカーを直接接続できる。一方WXC-50はパワーアンプを持たないが、可変/固定のLINE出力を持ち、外部アンプと接続できる機種となる。重量はWXA-50が1.944㎏、WXC-50が1.44㎏。

デジタル・アナログの入力ソースを別のMusicCast対応機器に飛ばせる。

 DAC ICにはESS TechnologyのSABRE 9006ASを採用。光デジタル、アナログ、あるいはワイヤレス経由で入力した信号を扱える。圧縮音源で失われた高域成分を補完する“ミュージックエンハンサー”、小音量時で足りなくなりがちな低域・高域の情報を調整し、フラットな周波数特性に近づける“ボリュームアダプティブEQ”、豊かな低域を提供する“アドバンスド バス エクステンション”、音声信号をストレートに出力する“ダイレクトモード”の搭載などが共通する特徴だ。

WXA-50はパワーアンプ内蔵のため、スピーカーのドライブが可能

 ヤマハ製のネットワークモジュールや、超低ジッターのPLL回路の採用にもこだわっている。48bitと精度の高いデジタルボリュームを採用するほか、シンプルかつダイレクトな回路設計、電源やGNDの扱い、シャーシの強度など、ヤマハ製のAVレシーバーやHiFi機器で培ったノウハウを積極的に取り入れている。

リビングのBlu-ray Discプレーヤーで再生中の音声を別室の高級Hi-Fiシステムに飛ばすといったことも可能だ。

 入力端子は光/アナログを1系統、出力端子はアナログ1系統とサブウーファー出力を搭載する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン