このページの本文へ

CLIP STUDIO PAINT動作確認済、7万円台の15.6型ノートPC

2016年08月04日 18時20分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは、イラスト・マンガ・マニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の動作確認済をうたった15.6型ノートPC「raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT PRO 動作確認済み DX11-F3」と【raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT EX 動作確認済み DX11-F7】の販売を、ドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトにて開始した。価格はDX11-F3は7万1258円、DX11-F7が10万418円。

 DX11-F3のCPUはCore i3-6100U(2.30GHz)と、性能を抑えてこれからイラストを始めるユーザーにも手に取られやすいようにコストパフォーマンスを高めたモデルとなっている。ディスプレーは映り込みを低減できるノングレア液晶(1920×1080ドット表示)を採用している。

 そのほか、メモリーは 8GB PC3-12800、グラフィックスはチップセット内蔵のインテル HD グラフィックス 520。ストレージは500GB HDD。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載。通信規格は IEEE802.11 ac/a/b/g/n、ギガビットLAN、Bluetooth 4.2を備える。本体サイズ/重量は幅386×奥行き258×高さ23mm/約2.1kg。連続駆動時間は約4.9時間。OSはWindows 10 Homeがプレインストールされている。

 DX11-F7は、CPUにCore i7-6500U(2.50GHz、TB時3.10GHz)を搭載した高機能モデル。ストレージにはM.2規格の250GB SSDと500GB HDDを採用。そのほかの仕様はDX11-F3と共通となる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ